京都の特別拝観・一般公開

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

開催中2014712日(土)918日(木)[ 建仁寺 両足院 ]

建仁寺塔頭寺院、池泉式庭園が有名ですが、今夏道釈画家・七類堂天けいが描いた方丈襖絵が初公開されます。寺宝も同時に公開されます。

時間
10:00~16:00
日程備考
8/9・10は拝観停止
料金
大人 600円
小学生 300円
アクセス
市バス206「東山安井」下車

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

開催中2014712日(土)930日(火)[ 島原 輪違屋 ]

島原に現存する唯一の置屋です、襖に道中傘を貼りこんだ「傘の間」・壁に本物の紅葉を塗り込んでかたどった「紅葉の間」・新撰組の近藤勇の屏風などがあります。

時間
10:00~15:30
料金
大人 600円
小学生 300円
アクセス
市バス206「島原口」・205「梅小路公園前」下車

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

開催中2014712日(土)930日(火)[ 大雲院,祇園閣 ]

京都の町を一望する近代の名建築
織田信長・信忠の菩提を弔うために大倉喜八郎が創建
祇園祭の鉾をかたどった造りで、高さ36mの閣上から市内を一望できます。

時間
10:00~16:00
日程備考
9/26は拝観休止
料金
大人 600円
小学生 300円
アクセス
市バス206「安井」下車

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

開催中2014712日(土)930日(火)[ 下鴨神社 神服殿・大炊殿 ]

世界文化遺産の下鴨神社
「開けずの間」と呼ばれる神服殿(重文)は天皇の行幸の際の御座所で内部には「玉座」がおかれています。神様のお供え物を調理していた台所大炊殿(重文)も合わせて特別公開されます。

時間
10:00~16:00
料金
大人 600円
小学生 300円
アクセス
市バス205「下鴨神社前」

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

開催中2014712日(土)930日(火)[ しょうざん 峰玉亭 ]

鷹峯三山を借景に広がるしょうざん庭園に建つ数寄屋造りの名建築です。

時間
10:00~16:00
料金
大人 600円
小学生 300円
アクセス
地下鉄「北大路」下車市バス北1に乗り換え「土天井町」下車

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

第38回京の夏の旅 文化財特別公開

開催中2014719日(土)914日(日)[ 島原 角屋 ]

旧花街、島原開設当初から残る揚屋建築の唯一の遺構(重文)
細部にまで意匠を凝らした、見事な建築が残されています。
臥龍松の庭・松の間・綱代の間・台所など、一階部分が公開されます。

時間
10:00~16:00
料金
大人 600円
小学生 300円
アクセス
市バス206「島原口」・205「梅小路公園前」下車

フラワーパーク・コスモス園開園

開催中9月初旬~10月中旬[ 高雄パークウェイ内 ]

色とりどりのコスモスがダリアと共に咲き誇ります。

時間
10:00~16:00
料金
入園料無料
(パークウェイ通行料金 1.180円[軽・小型・普通自動車])
アクセス
京都南ICから約30分 / 大山崎ICから約45分

花の天井 秋の特別拝観

あと10日で開始2014912日(金)1130日(日)[ 平岡八幡宮 ]

平岡八幡宮本殿の天井には、44面に44種の季節折々の草花の絵が描かれていて、「花の天井」と呼ばれています。

時間
10:00~16:00(15:30受付終了)
日程備考
春にも特別拝観が催されます。
10/5・11~13日は拝観休止
料金
拝観料 800円
アクセス
市バス8「平岡八幡前」下車、徒歩約3分
JRバス「平岡八幡」

秋の神苑無料公開

秋の神苑無料公開

あと17日で開催2014919日(金)[ 平安神宮 ]

静かな秋を感じたい。そんな時は萩やフジバカマなど秋の七草が見事な平安神宮本殿裏の神苑へ。 明治期を代表する池泉回遊式庭園です。南神苑「平安の苑」が開設された日を記念し無料で公開されるうれしい一日。 平神苑(名勝)は約33000平方メートルの池泉回遊式庭園で、東・中・西・南の4つの神苑から構成されています。

時間
8:30~16:30(受付終了)
料金
無料
アクセス
市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車

大徳寺本坊 特別公開

大徳寺本坊 特別公開

あと18日で開始2014920日(土)1011日(土)[ 大徳寺本坊 ]

国宝の方丈や枯山水式の方丈庭園(特別名勝)が公開されます。
狩野探幽作の方丈内の襖絵、八十余面や「法堂龍」も公開されます。

時間
受付9:30~16:00
料金
拝観料800円
アクセス
市バス「大徳寺前」下車、徒歩約5分

東寺宝物館 秋季特別展

東寺宝物館 秋季特別展

あと18日で開始2014920日(土)1125日(火)[ 東寺 ]

約15000点にのぼる国宝、重文の寺宝の中から「東寺の十二天像~灌頂儀式の世界~」をテ-マに展示されます。美術の宝庫の秋恒例の特別展です。

時間
10:00~16:00
料金
大人 500円(宝物館のみ)
(金堂・講堂、観智院、宝物館の共通拝観1,000円)
アクセス
近鉄京都線「東寺」

大徳寺弧篷庵 特別公開

あと26日で開始2014928日(日)109日(木)[ 大徳寺 ]

茶室「忘筌」や狩野探幽の障壁画を間近で鑑賞できる書院「直入軒」、茶室「山雲床」も特別に公開されます。

時間
受付10:00~16:00
料金
拝観料800円
アクセス
市バス「大徳寺前」下車、徒歩約5分

相国寺 秋の特別公開

相国寺 秋の特別公開

あと26日で開始2014928日(日)1215日(月)[ 相国寺 ]

方丈と開山堂・法堂が拝観出来ます。
方丈  平成25年に大修復されました。
法堂  重要文化財 本尊釈迦如来像 鳴き龍

時間
10:00~16:00
16:00受付終了 16:30閉門
日程備考
10/18~21は拝観休止
10/3は 13:30分受付終了
10/4・5と12/8は13:30より 拝観可
料金
一般 800円 65歳以上・中高生 700円小学生 400円身体障害者及介護者1名まで  無料
アクセス
地下鉄「今出川」・市バス「同志社前」

仁和寺 霊宝館秋季名宝展

仁和寺 霊宝館秋季名宝展

あと29日で開始2014101日(水)1124日(月)[ 仁和寺 ]

仁和寺霊宝館では、国宝や重要文化財に指定されている仏像などの文化財が多く展示されています。(阿弥陀三尊像・吉祥天立像など)毎年、春と秋に特別公開されています。

時間
9:00~16:30
料金
大人 500円
中高生 300円
小学生以下 無料
アクセス
京福電車「御室仁和寺駅」下車、徒歩約3分
市バス26「御室仁和寺」下車、徒歩約1分

清凉寺 霊宝館 秋期特別公開

清凉寺 霊宝館 秋期特別公開

あと29日で開始2014101日(水)1130日(日)[ 清凉寺 ]

本尊釈迦如来像胎内納品(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)などが公開されます。

時間
9:00~17:00閉門
料金
400円
※本堂も参観の場合、700円
アクセス
京福電車「嵐山駅」下車、徒歩約15分
市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車、徒歩約1分

大覚寺 秋季名宝展

大覚寺 秋季名宝展

2014103日(金)128日(月)[ 大覚寺 ]

幕末から明治・大正時代の大覚寺の歴史が紹介されるとともに、大覚寺や歴代門跡と関係の深かった近代日本最高の彫刻家である高村光雲の新発見の作品や、近代最高の文人画家富岡鉄斎の作品などが初会されます。

時間
9:00~16:30
料金
大人 800円
小人 600円
※寺内拝観料を含む
アクセス
市バス・京都バス「大覚寺」下車、徒歩約1分
JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩約15分
京福電鉄「嵐電嵯峨駅」下車、徒歩約20分

銀閣寺 秋の特別公開 「東山文化の原点 国宝東求堂」

銀閣寺 秋の特別公開 「東山文化の原点 国宝東求堂」

2014104日(土)1130日(日)[ 銀閣寺 ]

秋の特別公開では、銀閣寺の本堂・東求堂・弄清亭が公開されます。
与謝蕪村・池大雅の襖絵、四畳半書院「同仁斎」、香座敷の弄清亭などみどころがたくさんあります。

時間
10:00~15:30
料金
入山料 高校生以上500円、小中学生300円
上記とは別途に特別拝観料(1,000円/人)が必要です。
アクセス
市バス「銀閣寺道」

宝厳院 名園特別公開

宝厳院 名園特別公開

2014104日(土)127日(日)[ 宝厳院 ]

嵐山を借景とする回遊式山水庭園「獅子吼の庭」が公開されます。また、本堂では襖絵「風河燦燦三三自在」(田村能里子画伯筆)も公開されます。

時間
9:00~17:00
本堂襖絵の受付は16:30
日程備考
春にも一般公開されます。
料金
500円(本堂襖絵は別途参拝料500円必要)
アクセス
JR「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩15分

弘源寺 秋の特別公開

弘源寺 秋の特別公開

2014104日(土)127日(日)[ 弘源寺 ]

弘源寺の枯山水庭園「虎嘯の庭」。
竹内栖鳳とその一門(上村松園・西山翠嶂・徳岡神泉ほか)など文化勲章受章画家の日本画等が公開されます。
また、毘沙門天立像(国指定重要文化財)も公開されます。
細川家ゆかりの本堂から見る嵐山の景観は見事です。

時間
9:00~17:00
料金
大人 500円
小人 300円
宝厳院割引共通券 900円
アクセス
JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車
京都バス(71、72)「京福嵐山駅前」下車
市バス(28)「嵐山天龍寺前」下車

将軍塚青龍殿 青不動ご開帳

将軍塚青龍殿 青不動ご開帳

2014108日(水)1223日(火)[ 将軍塚大日堂 ]

仏教文化を発信する新たな拠点として建立された青龍殿と国宝不動明王二童子像(青不動)が公開されます。

時間
9:00~21:00
日程備考
日没よりライトアップ
料金
拝観料:1.000円
アクセス
青蓮院よりシャトルバス運行
地下鉄東西線「蹴上駅」下車、徒歩30分
その他の交通手段は車のみ
※徒歩ですと暗い山道を登ることになりますので、お車、タクシーでのご参拝をお勧め致します。

青蓮院 青不動復元模写公開・ライトアップ

2014108日(水)1223日(火)[ 青蓮院 ]

青不動復元模写が公開されます。

時間
9:00~16:30
ライトアップ併催は10/24から。
昼夜交代制(18:00~21:30)
料金
昼 500円
夜 800円
アクセス
京都市営バス「神宮道」下車、徒歩3分
地下鉄東西線 「東山駅」下車、徒歩5分

等持院 秋の寺宝展

等持院 秋の寺宝展

20141010日(金)14日(火)[ 等持院 ]

狩野派の作による方丈障壁画や、長谷川等伯筆秀吉像など、が公開されます。
また霊光殿には、足利将軍歴代の木像が安置されています。

時間
9:00~16:30
料金
大人 600円
中学生以下 300円
(寺宝展以外の日500円)
アクセス
京福電車「等持院駅」下車、徒歩約10分

梵燈のあかりに親しむ会

梵燈のあかりに親しむ会

20141010日(金)19日(日)[ 東林院 ]

妙心寺塔頭の東林院で毎年秋に夜間特別拝観が行われます。普段は非公開ですが、この期間特別に公開されます。「蓬莱の庭」では、約400本のろうそくが灯され、ゆらめく炎が訪れる人々を和ませてくれます。

時間
18:00~20:30
日程備考
(雨天決行)
料金
拝観料 500円
アクセス
市バス「妙心寺前」下車、徒歩6分
市バス「妙心寺北門前」下車、徒歩10分
JR山陰線「花園駅」下車、徒歩8分
京福電車「妙心寺駅」下車、徒歩12分

神護寺 五大虚空蔵菩薩像御開帳

神護寺 五大虚空蔵菩薩像御開帳

20141011日(土)13日(月)[ 神護寺 ]

神護寺の多宝塔にて、五大虚空蔵菩薩の祈願法要とともに特別公開されます。
五大虚空蔵菩薩像は、承和3年(836年)から承和12年(845年)の間に、仁明天皇の御願により、弘法大師の高弟真済僧正が建立した宝塔院の本尊として安置されました。
奈良時代から伝わる木心乾漆像の技法が用いられ、五色に彩色されている像高90センチメートルあまりある像です。

料金
拝観料 500円(別途通常拝観料必要 500円)
アクセス
JRバス「山城高雄」下車、徒歩約10分
市バス「高雄」下車、徒歩約10分

醍醐寺霊宝館 秋期特別公開

醍醐寺霊宝館 秋期特別公開

20141011日(土)127日(日)[ 醍醐寺 霊宝館 ]

古代・中世以来の貴重な寺宝・伝承文化財の中から一部が公開されます。
 

26年今秋のテ-マは、「醍醐寺に心を寄せた人々の名筆と秋の雅」

時間
9:00~16:30
料金
拝観料 600円
アクセス
地下鉄東西線「醍醐」下車、徒歩20分
京阪バス「醍醐三宝院」下車、すぐ(上醍醐寺へは下車後徒歩約60分)

大徳寺塔頭 総見院・黄梅院・興臨院 秋の特別拝観

大徳寺塔頭 総見院・黄梅院・興臨院 秋の特別拝観

20141011日(土)1215日(月)[ 大徳寺塔頭 総見院・黄梅院・興臨院 ]

大徳寺の塔頭、総見院・黄梅院・興臨院の秋の特別拝観が行われる。
総見院は、織田信長の菩提寺であり、利休参禅の師、古渓和尚が開祖です。黄梅院の庫裡は日本の禅宗寺院において現存する最古のものです。前田家の菩提寺である興臨院は、室町時代創建の禅宗建築の代表作であり、本堂・表門・唐門は重要文化財に指定されています。

日程備考
※興臨院10月11日(土)~12月15日(月)
※総見院10月11日(土)~11月30日(日)
※黄梅院10月12日(日)~12月7日(日)
料金
拝観料 各600円
アクセス
市バス「大徳寺前」下車、徒歩約5分

大徳寺塔頭 高桐院 曝涼展

大徳寺塔頭 高桐院 曝涼展

20141012日(日)[ 高桐院 ]

曝涼(ばくりょう)とは虫干しのことで、大徳寺の塔頭 高桐院では毎年10月に1日だけ、寺宝が公開されます。国宝の「絹本墨画山水図」をはじめとした文化財が公開されます。
利休七哲の一人、細川忠興の創建のお寺です。

日程備考
毎年10月第2日曜
料金
拝観料 500円
アクセス
市バス(1、205、206)「大徳寺」「建勲神社前」下車、徒歩約5分
地下鉄「北大路駅」下車、徒歩15分

大徳寺本坊 曝涼展

大徳寺本坊 曝涼展

20141012日(日)[ 大徳寺本坊 ]

曝涼(ばくりょう)とは虫干しのことで、毎年10月の第2日曜に行われます。通常は非公開のお寺ですが、この日は狩野探幽筆方丈襖絵など、約100点におよぶ寺宝が虫干しを兼ねて公開されます。

時間
9:00~16:30
日程備考
毎年10月第2日曜(雨天中止)
料金
拝観料 1300円
アクセス
市バス「大徳寺前」下車、徒歩約5分

京都府庁旧本館 「観芸祭」

京都府庁旧本館 「観芸祭」

20141020日(月)114日(火)[ 京都府庁旧本館 ]

国の重要文化財、明治37年に竣工し、昭和46年まで京都府庁本館として、また現在も執務室や会議室として使用されています。
創建時姿をとどめる現役の官公庁建物としては、日本最古のものです。
京都府庁旧本館一般公開が、今秋から「観芸祭」として生まれ変わります。
京の芸術・文化を満喫

時間
10:00~17:00(一部夜間開催)
料金
無料
アクセス
京都市上京区下立売通新町西入

長楽寺 秋季特別展(遊行上人とその秘宝展)

長楽寺 秋季特別展(遊行上人とその秘宝展)

20141020日(月)1130日(日)[ 長楽寺 ]

遊行上人ゆかりの秘宝が公開されます。

時間
9:00~16:30
料金
大人 650円
小・中学生 300円
アクセス
市バス「祇園」下車、徒歩約10分
京阪電車「祇園四条駅」下車、徒歩約20分
阪急電車「河原町駅」下車、徒歩約23分

 「時代祭にあわせて参観を楽しむ」旧九條家遺構 拾翠亭(茶室) 特別公開

「時代祭にあわせて参観を楽しむ」旧九條家遺構 拾翠亭(茶室) 特別公開

20141022日(水)[ 京都御苑,拾翠亭 ]

拾翠亭は、京都御苑内に有る五摂家のひとつ九条家の現存する唯一の建物です。
江戸後期に建てられ数奇屋風書院造りになっています。
一般参観は金・土曜日・葵祭・時代祭・京都御所一般公開のみです。(12月28日から2月末はお休み)

時間
9:30~15:30
料金
100円(高校生以上)
アクセス
地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車、徒歩1分
市バス「烏丸今出川」下車、徒歩5分

高台寺 秋の特別拝観

高台寺 秋の特別拝観

20141024日(金)1214日(日)[ 高台寺 ]

豊臣秀吉とねねのゆかりのお寺です。夕刻になるとライトアップされ、暗闇に華麗に染まった紅葉が美しく浮かび上がります。特に高台寺の臥龍池と臥龍廊は幻想的です。
 

華麗な絵巻は「高台寺絵巻」として知られています。
    

時間
10:00~21:30(日没よりライトアップ)
料金
600円(掌美術館見学付)
アクセス
市バス「東山安井」下車、徒歩約5分
京阪電車「祇園四条駅」下車、徒歩約20分
阪急電車「河原町駅」下車、徒歩約20分

圓徳院 秋の特別拝観「織部の武家茶~秀吉公、ねね様に捧げる~」

圓徳院 秋の特別拝観「織部の武家茶~秀吉公、ねね様に捧げる~」

20141024日(金)1214日(日)[ 圓徳院 ]

特別展では「織部の武家茶~秀吉公、ねね様に捧げる~」をテ-マに茶碗や筆軸などが展示されます。

時間
10:00~21:30(日没よりライトアップ)
料金
拝観料 500円
アクセス
市バス「206」東山安井

青蓮院 夜の特別拝観

青蓮院 夜の特別拝観

20141024日(金)1223日(火)[ 青蓮院 ]

毎年春と秋に夜の特別拝観、ライトアップが開催されます。
青蓮院は普通のライトアップとは違い、青色の照明を使用しています。
相阿弥作の池泉廻遊式庭園や小堀遠州作「霧島の庭」の二つの名庭で見る秋の紅葉の美しさは格別です。

時間
18:00~22:00(21:30受付終了)
料金
個人:大人 800円・小中高生 400円
団体(30名以上):大人 700円・小中高生 300円
昼夜入れ替え制
アクセス
市バス206・5「神宮道」

真如院 庭園の特別公開

20141025日(土)113日(月)[ 真如院 ]

真如院は、織田信長、足利義昭の旧跡で、うろこ石を並べた独特の枯山水庭園です。
園内には、瓜実灯篭・烏帽子石・呼子手水鉢があります。

特別公開日以外は非公開となっています。

時間
10:00~15:00
日程備考
10月28日(火)~10月31日(金)は拝観休止
料金
拝観料 600円
アクセス
市バス9「堀川五条」

秋期大法要 熾盛光法

秋期大法要 熾盛光法

20141026日(日)[ 青蓮院 ]

青蓮院は天台密教の嫡流の一つとして、本尊にこの熾盛光如来を祭り、折々に天変地異の息災と皇室の安寧を祈願する役割を担ってきました。その勤めの修法が平成17年のご開帳を勝縁として、平成18年より一般に公開されました。

時間
12:00~
日程備考
10月第4日曜日
料金
500円
アクセス
市バス5「神宮道」

京都御所 秋季一般公開

京都御所 秋季一般公開

20141030日(木)115日(水)[ 京都御所 ]

普段は申し込みが必要ですが、春と秋に、自由拝観できる一般公開があります。是非この機会に御所を堪能して下さい。



時間
9:00~15:30(最終退出時刻は16:15)
料金
無料
アクセス
地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、徒歩5分
市バス「烏丸今出川」下車、徒歩5分

有栖川宮旧邸 特別拝観

有栖川宮旧邸 特別拝観

20141030日(木)115日(水)[ 有栖川宮旧邸 ]

通常非公開ですが、御所の一般公開に合せて、内部を特別公開されます。
有栖川宮旧邸は、公家屋敷と武家屋敷の二つの様式からなった建物です。

時間
10:30~16:00
日程備考
毎年御所の一般公開の日に行われる
料金
500円
アクセス
京都市上京区烏丸下立売角

方徳殿 秋の特別公開

2014111日(土)5日(水)[ 大将軍八神社 ]

大将軍八神社は、方除・厄除けの守護神として古くから信仰を集めてきました。陰陽道・道教に関係あり、国の重要文化財に指定されている衣冠束帯姿、武装姿など80体近くの神像が方徳殿に安置されています。

料金
大人 500円
学生 300円
小学生以下無料
アクセス
京福電車「北野白梅町駅」下車、徒歩約7分
市バス「北野天満宮前」「北野白梅町」下車、徒歩約5分

 宝鏡寺 秋の人形展

宝鏡寺 秋の人形展

2014111日(土)30日(日)[ 宝鏡寺 ]

皇女和宮ゆかりの尼門跡であり、人形寺として親しまれている宝鏡寺で、毎年春と秋に特別公開されます。
寺に所蔵されている孝明天皇遺愛の人形「孝明さん」や宮中から送られた御所人形など皇室ゆかりの人形を
中心に多数展示されます。
また、本堂前庭の見事な枝ぶりのイロハモミジと一面に広がる苔は大変美しいです。

時間
10:00~15:30
日程備考
※法要等により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。
料金
大人 600円
小人 300円
アクセス
地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」または「今出川駅」下車、徒歩15分
市バス「堀川寺之内」下車、すぐ

曼殊院 夜の特別拝観

曼殊院 夜の特別拝観

2014111日(土)30日(日)[ 曼殊院 ]

曼殊院は、天台宗の門跡寺院であり、洛北屈指の名刹です。
大書院の前には枯山水庭園が広がっており、紅葉の名勝として有名です。
ライトアップされた庭園と美しい紅葉が見どころです。

時間
受付:17:00~21:00
料金
拝観料 600円
アクセス
叡山電車「修学院駅」下車、徒歩20分

大原 来迎院 宝物展

大原 来迎院 宝物展

2014111日(土)30日(日)[ 来迎院 ]

大原で伝承されている天台声明の祖である聖応大師良忍上人の宝物展が開催されます。
掛軸など普段見ることのできない寺宝が特別公開されます。

料金
拝観料 500円
アクセス
京都バス17・18「大原」下車、徒歩約15分

勝林院・宝泉院  秋の特別拝観

勝林院・宝泉院 秋の特別拝観

2014111日(土)30日(日)[ 宝泉院, 勝林院 ]

宝泉院の鮮やかな紅葉とともに、お香の香りと声明が響き渡り、水琴窟の音も風流です。
今年は合同で開催されます。

時間
受付:17:45~20:30
料金
拝観料 1.000円
アクセス
京都バス「大原」下車、徒歩約10分

東福寺 秋の看楓特別拝観

東福寺 秋の看楓特別拝観

2014111日(土)127日(日)[ 東福寺 ]

紅葉がとても美しいこの時期に、特別拝観が行われます。
通常より30分早い8時半より通天橋、普門院庭園、方丈庭園の拝観ができ、併せて龍吟庵(国宝)、重森三玲作の庭園も特別公開されます。

時間
8:30~16:00
国宝龍吟庵は、9:00~16:00
料金
通天橋・開山堂拝観料
 大人 400円
 小中学生 300円
方丈八相庭園拝観料
 大人 400円
 小中学生 300円
龍吟庵 500円
アクセス
JR・京阪電車「東福寺駅」下車、徒歩約10分
市バス「東福寺」下車、徒歩約10分

金戒光明寺 秋の特別公開

金戒光明寺 秋の特別公開

2014111日(土)127日(日)[ 金戒光明寺(くろ谷さん) ]

金戒光明寺は、紅葉の名所として知られており、枯山水庭園「紫雲の庭」では毎年美しく紅葉が彩ります。
今年は、山門修復完成記念の特別公開とともに、名仏師・運慶の作と伝わる文殊菩薩像、仕掛けのある「虎の襖絵」のほか、20年ぶりの公開となる土佐光信の「俵藤太絵巻」などの寺宝が特別公開されます。
山門は、楼上内部の天井一面に「蟠龍図」が描かれており、京都市内を一望できます。

時間
9:00~16:00(受付終了)
料金
拝観料 御影堂・万丈・庭園 大人 600円・小学生 300円 
    山門 大人 800円・小学生 400円
    御影堂・万丈・庭園・山門 (共通券) 大人 1200円・小学生 600円
アクセス
市バス5番「東天王町」下車、徒歩15分
市バス100番「岡崎道」下車、徒歩10分
地下鉄「蹴上駅」下車、徒歩30分

北野天満宮 御土居ともみじ苑公開

北野天満宮 御土居ともみじ苑公開

2014111日(土)127日(日)[ 北野天満宮 ]

史跡 御土居
 
「御土居とは豊臣秀吉が、長い戦乱で荒れ果てた京の都市改造の一環として外敵の来襲に備える防塁と、鴨川の氾濫から市街を守る堤防として天正19年(1591年)に築いた土塁のことです。
そのほとんどが江戸時代に取り壊され、現在するのは北野天満宮の境内ほか数箇所となっており、昭和40年10月27日に都市計画の重要な遺構として「史跡」の指定を受けています。
 
もみじ苑
御土居には、およそ250本の紅葉があり、樹齢350~400年のものもあります。また、御土居のすぐ側にはかつて神を漉いた清水「紙屋川」が流れており、赤や黄色に染まった紅葉が水面に映え渡り、錦秋の世界がひろがります。
 
11/15(土)からは御土居と紅葉を一緒に楽しむ事が出来ます。
 

時間
10:00~16:00
11/15(土)より日没~20:00 ライトアップ
料金
拝観料600円
アクセス
JR嵯峨野線「円町駅」から(西ノ京円町バス停)市バス「北野天満宮前」下車、すぐ
JR「京都駅」から市バス「北野天満宮前」下車、すぐ

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る