京都、亥年に行ってみたい寺社 メインイメージ

京都、亥年に行ってみたい寺社

投稿日 2018/12/22

投稿者:
marua39のアバター marua39

京都で、亥にちなんだ寺社です。亥年の守護本尊は、阿弥陀如来様です。また、守り神は、摩利支天様です。摩利支天様は、猪にのってすばやく移動すると言われていました。ここでは、亥や猪に、ゆかりの寺社を紹介。なお、表題の写真の猪さんは、おみくじです。干支のおみくじがあるのは、上賀茂神社、北野天満宮、八坂神社、石清水八幡宮、城南宮、豊国神社、八大神社、平等寺などですが、北野天満宮や豊国神社などは通年置いていますが正月期間限定のところが多いようで、下鴨神社のように年に一日だけ初干支祭の日限定のところもあります。

1.護王神社

京都御苑の西側にあり、足腰の神様として、参拝客の絶えない神社。祭神は、和気清麻呂で、ゆかりのある猪の像が、いたるところに見られます。いろんな色の猪のおみくじがあります。

護王神社

護王神社

2.禅居庵(建仁寺塔頭)

七頭の猪の背に乗った摩利支天様を本尊とする建仁寺の塔頭です。ここも、境内のいたるところに猪の像が見られます。おみくじも、猪さんです。

禅居庵

禅居庵

3.聴松院(南禅寺塔頭)

摩利支天様を祀る摩利支天堂があり、その使いである猪の像があります。参拝できるところは小さな境内でお参りもできます。

聴松院

聴松院

4.本法寺

広い境内の中に、摩利支天堂があり、狛猪がおられます。東側の山門を入ってすぐのところです。ここは、自由にお参りできます。

本法寺

本法寺

5.下鴨神社

下鴨神社本殿の前庭に、各干支の守り神を祀った社「言社」があります。どこも大国主命の別名で言霊の働きによって呼び名が変わっています。亥年は丑年と同じで大物主命の社です。生まれ年の干支ごとに、お参りをしている方が多いです。

下鴨神社

下鴨神社

6.いなり大神

伏見稲荷大社の裏参道にある、いなり大神。小さな社ですが、ここに行くと全ての干支の動物の像が祀られています。自分の干支やその年の干支の像にお参りしてみてはどうでしょうか。

いなり大神

いなり大神

7.春光院(高台寺塔頭)

高台寺前ねねの道に面したところにある春光院。門前に、摩利支天様をのせた猪の像があります。ここは、ねねの道沿いにある触れ仏のひとつで、触れることもできます。お寺さんは、拝観できません。

春光院

春光院

8.阿弥陀如来様にまつわる寺社

三千院、平等院、東西の本願寺、真如堂、永観堂、法然院、二尊院、化野念仏寺などに、阿弥陀如来様が祀られています。

左上:北野天満宮 右上:松尾大社 左下:護王神社 右下:豊国神社

左上:北野天満宮 右上:松尾大社 左下:護王神社 右下:豊国神社

左上:禅居庵 右上:護王神社 左下:禅居庵 右下:護王神社

左上:禅居庵 右上:護王神社 左下:禅居庵 右下:護王神社

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る