京都、卯年に行ってみたい寺社 メインイメージ

京都、卯年に行ってみたい寺社

投稿日 2022/12/24

投稿者:
marua39のアバター marua39

京都で、卯年にちなんだ寺社です。卯年の守護本尊は、文殊菩薩様です。ここでは、卯、うさぎにゆかりの寺社を紹介。なお、表題の写真下段のうさぎさんは、おみくじや願掛けうさぎです。左から、八坂神社、岡崎神社、宇治上神社、宇治神社、豊国神社、北野天満宮さんです。干支のおみくじがあるのは、上賀茂神社、北野天満宮、八坂神社、石清水八幡宮、城南宮、豊国神社、八大神社、平等寺などですが、正月期間限定のところが多いようで、下鴨神社のように年に一日だけ初干支祭の日限定のところもあります。

1.岡崎神社

岡崎神社では、うさぎは祭神の使いであると信仰されています。境内には、うさぎさんがたくさん。狛うさぎ、招きうさぎ、子授けの黒うさぎなど、またおみくじのうさぎがとてもいい感じです。

2.宇治上神社

世界遺産の宇治上神社、かつて「宇治」は、「菟道」と書いて「うじ」と読んでいました。うさぎの先導によってこの地にたどり着いた祭神を祀っています。お守りやおみくじなどにうさぎがつかわれています。

3.宇治神社

ここも祭神が、うさぎの導きによってたどりついたということです。何度も振り返りながら先導したとして、「見返りうさぎ」がおみくじになっています。

4.八坂神社(大国主社)

八坂神社参道に大国主社があり、大国主神と大国主神が助けた白兎の像が安置されています。縁結びの神として知られ、願掛けうさぎがあります。また八坂神社には、美の神様として知られる美御前社もあります。

5.清水寺(地主神社)

清水寺の舞台を過ぎたところにある地主神社。縁結び、恋愛成就の祈願社として有名です。入ってすぐに大国主命とうさぎの像が安置されています。ここには、恋占いの石などもあります。

6.三室戸寺

三室戸寺もうさぎと縁のあるお寺です。境内に、大きな狛うさぎがおり、このうさぎが抱く大きな玉の中にある卵型の石が立てば、願いが通じる、昇運がつくといわれています。

7.霊鑑寺

霊鑑寺には、「洛陽十二支妙見」のひとつ「卯」の妙見様を祀る妙見堂があります。妙見菩薩は卯年の守護神です。霊鑑寺境内は、特別拝観時のみ公開されていますが、山門横の妙見堂はいつでもお参りすることができます。中には、「金のうさぎ」が安置されています。

8.出雲大神宮(亀岡市)

亀岡市にある出雲大神宮。ここに「なでうさぎ」が鎮座しています。なでると幸せを招き、自身の身体の痛い部分と同じところをなでると痛みや病気がやわらぐといわれています。
いろんなところにハートもあります。

9.下鴨神社

下鴨神社本殿の前庭に、各干支の守り神を祀った社「言社」があります。どこも大国主命の別名で言霊の働きによって呼び名が変わっています。生まれ年の干支ごとに、お参りをしている方が多いです。生まれ年ごとの絵馬もあります。

10.いなり大神

伏見稲荷大社の裏参道にある、いなり大神。小さな社ですが、ここに行くと全ての干支の動物の像が祀られています。自分の干支やその年の干支の像にお参りしてみてはどうでしょうか。

左上:松尾大社、右上:北野天満宮、左下:護王神社、右下:豊国神社

左上:松尾大社、右上:北野天満宮、左下:護王神社、右下:豊国神社

左上:柳谷観音、右上:長安寺、左下:法輪寺(達磨寺)、右下:岡崎神社

左上:柳谷観音、右上:長安寺、左下:法輪寺(達磨寺)、右下:岡崎神社

左上:高台寺、右上:北野天満宮、左下:白龍園、右下:南陽院

左上:高台寺、右上:北野天満宮、左下:白龍園、右下:南陽院

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る