京都の観光スポット

とうりんいん

東林院

妙心寺塔頭 東林院

妙心寺の塔頭、東林院は周囲を竹薮に囲まれ、沙羅双樹の庭園と、枯山水庭園は、一壷天「水琴窟」の雅びな音色と共に枠人に好まれています。

沙羅双樹の寺

沙羅双樹の寺として有名で、毎年6月に「沙羅の花を愛でる会」が開かれます。
沙羅双樹の花は梅雨の季節に咲き、雨に打たれて散ってしまう美しくも儚い花で、平家物語の一節を思い出させてくれます。
~『平家物語』冒頭部分~
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。猛き者も終には亡ぬ、偏に風の前の塵に同じ。

別名
沙羅双樹の寺
所在地
〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町59
TEL
075-463-1334
正式名
東林院
山号
正法山
宗派
臨済宗妙心寺派
本尊
釈迦如来
創建
1531年(享禄4)
開基
細川氏綱
料金

通常非公開
※特別拝観あり
 1月「小豆粥で新春を祝う会」梅湯茶礼・小豆粥と精進料理 3,700円
 6月「沙羅の花を愛でる会」お抹茶付1,580円 お抹茶と精進料理付 5,570円
 10月「梵燈のあかりに親しむ会」

時間

9:30~16:00

交通アクセス

市バス「妙心寺前」下車、徒歩6分
市バス「妙心寺北門前」下車、徒歩10分
JR山陰線「花園駅」下車、徒歩8分
京福電車「妙心寺駅」下車、徒歩12分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、東林院からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、東林院からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る