京都の観光スポット

やまぐにじんじゃ

山国神社

第50代垣武天皇延暦年中平安遷都(794)に当たり大内裏御造営の木材を山国の郷より徴せられ此の郷を御杣料地として定め大工寮修理職の官人として本殿を御造営せられ祭主として和気清麿呂公が奉仕せられた。
爾来大嘗祭の悠紀主基の御殿御造営の御用材を調達する事が恒例となった。第67代三条天皇の1016年(長和5)神位正一位を贈られ御祈願所として菊花の御紋章を賜り、春日・加茂・御霊・日吉の四社を建立して五社明神とした。
源平の兵乱に破壊されたが第87代四条天皇の1233年(天福1)再建され第96代後醍醐天皇、元弘の乱(1333)に亦々破却されたが足利尊氏の臣細川 頼之当地に隠棲する間、本社復興のことを執奏し、幸いにも1399年(応永6)社殿を復旧、綸旨を賜る。この時足利義満丸に2引の徽章を奉納する。爾来この紋章を当神社の紋章とする。
その後第107代、後陽成天皇の1596年(慶長1)再建され1873年(明治6)郷社に1900年(明治33)府社に列格された、延喜式内の古くからの社である。

所在地
〒601-0323 京都市右京区京北鳥居町宮ノ元1番地
TEL
0771-53-0026
FAX
0771-53-0440
正式名
山国神社
御祭神
大己貴命、大国主命
例祭
10月第2日曜
交通アクセス

JRバス「周山」下車、ふるさとバス乗換え「鳥居」下車、徒歩約3分

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る