京都の観光スポット

さぐりじんじゃ

雙栗神社

京都の自然200選/町の天然記念物のクスノキ

クスノキの語源は「奇(くす)しき」という言葉の語義といわれ、古代から霊木として尊ばれてきました。
本殿の北側にある雙栗神社の大クスノキは、樹高30m、根元の回り9.8m、目通りの幹回り535cmの巨樹で、樹齢400~500年と推定されています。樹形も優れ、また樹勢も旺盛であり、クスノキの巨樹として極めて貴重です。
クスノキの傍らには稲荷の祠が祠られ、クスノキには注連が張られるなど、神木とされてきたことがわかります。

所在地
〒613-0034 久世郡久御山町佐山双栗55
TEL
075-631-6111
正式名
雙栗神社
創建
不詳
文化財

本殿(国・重要文化財)

御祭神
天照大神・素盞鳴命・事代主命・応神天皇・比咩大神・仁徳天皇・神功皇后
交通アクセス

京阪バス・京阪宇治交通バス「久御山団地口」下車、北へ徒歩約2分

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る