京都の観光スポット

ちょうこうどう

長講堂

後白河法皇の持仏堂です。もともと西洞院六条にありましたが、再三の火災に見舞われ、豊臣秀吉によって今の地に移転されました。
本堂には阿弥陀如来像、御影堂には後白河法皇の木像が安置されております。ところどころに見える菊紋がこの場所に御所があったことが伺えます。普段は非公開ですが、年に一度4月13日の法皇忌法要の時のみ一般に公開されます。

所在地
〒600-8119 京都市下京区富小路通六条
TEL
075-351-5250
正式名
長講堂
山号
-
宗派
西山浄土宗
本尊
阿弥陀如来
創建
1183年(寿永2)
開基
後白河法皇
文化財

本尊阿弥陀三尊像(重文)、後白河法皇坐像(重文)

駐車場

無し

交通アクセス

地下鉄「五条駅」下車、徒歩約7分
京阪清水「五条駅」下車、徒歩約8分

備考

※4月13日の法皇忌法要の時のみ一般公開

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、長講堂からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、長講堂からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、長講堂からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る