京都のイベント・行事

特別鑑賞会・講演会 千總コレクションと共に、日本文化の未来を考える 《第3 回》 「千總友禅―束熨斗文様振袖の復元製作をめぐって―」

この度一般社団法人千總文化研究所は、特別鑑賞会・講演会「千總友禅―束熨斗文様振袖復元製作をめぐって―」を開催されます。
 
シリーズ第3 回となる本回は、千總が代表を務める友禅史会所蔵の「束熨斗文様振袖」を題材に、千總友禅の技術と日本古来の染色に焦点を当てます。
 
1555年に創業し、法衣装束商から呉服商となり染織の技を極めてきた千總にとって、先人が手掛けた染織品は、ものづくりの大切な原泉です。
 
細やかな文様表現と雅な色彩で江戸時代の友禅染の最高峰として重要文化財に指定されている「束熨斗文様振袖」。2015年から2017年にかけて、千總はその復元品を製作*。「染司よしおか」の協力を得て当時の色の再現を目指しました。5代染司よしおか当主の吉岡幸雄氏を迎え、製作過程を振り返りながら、日本の色の歴史と魅力、日本人が大切にしてきた繊細な美意識について伺うことができます。京都国立博物館に寄託されている「束熨斗文様振袖」が特別に出品。復元作品と2点並べて鑑賞することができます。
 
*メルコリゾーツ&エンターテイメントによる全国の着物産地の職人が最高級の着物を制作し公開する「着物×きもの×KIMONO プロジェクト」の一環として受注。
  
【講師】吉岡幸雄(よしおかさちお)
1946 年京都生まれ、染色家。1971 年早稲田大学第一文学部卒業後、1973 年に美術工芸書出版社の紫紅社を設立。1987 年生家の「染司よしおか」5 代目を継承。植物染の第一人者として薬師寺、東大寺などの文化財の復元をはじめ、英国V&A博物館からの依頼で永久保存用「植物染めのシルク」の制作等を手掛ける。著書は『日本の色辞典』『王朝のかさね色辞典』(紫紅社)『千年の色―古き日本の美しさ』(PHP研究所)『日本の色を染める』(岩波新書)『京のことのは』(幻冬社)など多数。
 
 
【お申し込み】
3 月26 日(月)~4 月15 日(日)(当日着信有効)/定員:60 名(事前申込制・先着順)
参加費:一般2000 円 学生1000 円
氏名、連絡先(電話・FAX 番号またはメールアドレス)を明記の上、
千總文化研究所ウェブサイト(http://www.icac.or.jp)お問い合わせフォームまたは、
FAX 075-211-2530 よりお申し込みください。
*本プログラムは高校生以上を対象とした内容です。

日程
2018425日(水)
時間

午後1 時半~午後3 時(開場午後1 時)

日程備考

定員:60 名

料金

参加費:一般2000 円 学生1000 円

場所
千總本社ビル5 階ホール
アクセス

地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩3 分
阪急「烏丸」駅から徒歩7 分

問い合わせ先

一般社団法人千總文化研究所(㈱千總内) 075-211-2531(平日10 時~17 時)

公式Web
http://www.icac.or.jp

※このページの内容は掲載時点での情報です。
 日程や内容は変更または中止となる可能性がありますので、ご計画、お出掛けの際は事前にご確認ください。

注目の宿

宿をさがす

ウェスティン都ホテル京都

ホテル岡崎・南禅寺周辺 エリア

美しい古都の町並みが広がる東山に佇むホ…

貴船べにや

旅館貴船・鞍馬 エリア

京の奥座敷・貴船べにやでは野趣あふれる…

日昇別荘

旅館烏丸御池周辺 エリア

純和風木造で京都を満喫できるこだわりの…

注目のグルメスポット

グルメスポットをさがす

京都一の傳 本店

四条烏丸周辺 エリア

貴船べにや

貴船・鞍馬 エリア

貴船最大級の川床と大駐車場。貴船料亭街…

黒豆茶庵北尾 祇園店

祇園周辺 エリア

祇園で歩き疲れたら丹波産の黒豆や小豆を…

田中長奈良漬店

四条烏丸周辺 エリア

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る