京都のイベント・行事

ranch / forest:大村大悟 展

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2012年4月17日から29日まで「branch / forest : 大村大悟 展」を開催します。

大村 大悟(おおむら・だいご / 1984~)は、おもに土や木といった自然物、鉄やガラスといった無機的な素材を選び、それらの「もの」と「空間」が持つ要素や背景を丁寧に観察・収集し、そこに最小限の手を加えることで小さなズレや違和感をともなう「状況」をつくり
だすことで、「鑑賞者」の認識・知識・経験・概念を揺さぶります。

異なるものが持つ同一の要素を際立たせる。
不可視な要素を可視化させる見慣れたものの価値を別のものに置き換える。あるいはその逆も。

会場には、「道具の話(木の枝で作った棒)」「invisible hand(透明な手)」「ガラス(細長い擦ガラス)」など、約7点の作品が配されます。
それらは一見するとただの「もの」にしか見えないもしれませんが、目の前の「もの:状況」に目を凝らす中で、鑑賞者自身がそこに新たな価値や視点を発見できるのではないでしょうか。

【大村大悟:展覧会について】=========
どこだったかの南の島国には夜這い棒という道具があるらしい。
夜這いとは、男性が女性の元へ夜な夜な忍び寄るという、あの夜這いのことなのだが、その島の男達は日中いつも各々が独自の彫刻を施した、人の丈ほどもある夜這い棒を持ち歩いている。
夜になるとから萱葺き高床式の女性達の建物へ行き、意中の女性の居る所の床や壁に夜這い棒を突き刺し合図するのだ。
起こされた女性は、好きな男だったら(その気があったら)夜這い棒を引っ張ってOKの合図を出し、こっそり家から出る。
こういった話をしていたら、日本にも昔はあったという話を知人からきいた。
年配の人達の話では、「何本か見たことがある」「もっと細くて短かった」「家の中で使うはず」「今も夜這い祭りで使う」と。
現代の一般的価値観から言えば想像しにくい話だが面白みのある話ではある。

人によって違う、価値観やものの見方について考えたいと思います。

日程
2012417日(火)29日(日)
時間

11:00~19:00 *最終日18:00まで・月曜休廊

料金

無料

場所
Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]
アクセス

阪急河原町駅より徒歩10分/
京阪三条駅より徒歩10分/
地下鉄東西線京都市役所前駅より徒歩3分

問い合わせ先

Tel・Fax:075-231-0706
Mail:info@galleryparc.com

公式Web
http://www.galleryparc.com

※このページの内容は掲載時点での情報です。
 日程や内容は変更または中止となる可能性がありますので、ご計画、お出掛けの際は事前にご確認ください。

注目の宿

宿をさがす

ホテル京阪京都グランデ

ホテル京都駅・東寺周辺 エリア

京都駅から徒歩1分の抜群のアクセス。健康…

貴船べにや

旅館貴船・鞍馬 エリア

京の奥座敷・貴船べにやでは野趣あふれる…

注目のグルメスポット

グルメスポットをさがす

グリル大仲

祇園周辺 エリア

八坂神社の石段下のすぐ先。お茶屋だった…

黒豆茶庵北尾 祇園店

祇園周辺 エリア

祇園で歩き疲れたら丹波産の黒豆や小豆を…

錦・高倉屋

四条河原町周辺 エリア

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る