京都のイベント・行事

collected mountain 瓜生 祐子 展

本展は2011年に開催した瓜生祐子個展「plate journey」に引き続き、PARCでは2回目となるものです。

瓜生祐子(うりゅう・ゆうこ/1983年~)は2005年に成安造形大学を卒業して以降も関西を拠点に活動を続ける作家で、現在はおもに
「食べ物」と「風景」が併存したような絵画を制作しています。
例えば瓜生は日々おこなわれる食事にあって、スプーンやフォークによって「食べ進める」という当たり前の行為の中から、そこに「山や谷のある情景」を見出し、その形を捉えます。このように瓜生の絵画制作は、自身が実際に「見える」情景を起点としてはじまります。雄大な風景の鳥瞰図のようにも見えるその絵画は、瓜生がお皿を覗き見る視点であり、望遠鏡や顕微鏡で異なる世界を覗くような不思議な視覚感覚を呼び起こします。

また、作品全体の淡い色彩は、パネルにアクリル絵具によって鮮やかな色面で描かれた画面を薄い綿布で覆うことで生じています。
これによって絵具の物質感や本来の色彩を曖昧にし、その上から鉛筆で色の輪郭を捉え、山の稜線をなぞるように自由な線を加えていきます。
この二重構造ともいえる独自の手法は、目に見える(見えた)であろう「ありのままの情景」を、自由な想像による「イメージの世界」に変換させるもので、これによって鑑賞者は、「食べ物」といった身近で小さな世界と、「風景」といった大きなスケールの世界を軽快に行き来するかのような視覚体験が出来るのではないでしょうか。

瓜生自身が体験した富士山登山からの眺望と、食べ崩されたカレーライスから発想を得た《curry and rice》(上野の森美術館「VOCA展 2013」出品作品)や、「京都美術ビエンナーレ2013」(京都文化博物館)にて毎日新聞社賞受賞作品《shokado bento》を中心に展示する本展では、様々な「食べ物」あるいは「山々の風景」を見る事ができます。

取るに足らない小さな出来事が、大きな世界の糸口となるように、作品を通して、大きな「山」の存在を小さな日常に見ることができるのかもしれません。

日程
2013625日(火)77日(日)
時間

11:00~19:00

日程備考

*最終日18:00まで・月曜休廊

料金

無料

場所
Gallery PARC
アクセス

阪急河原町駅より徒歩15分 /
京阪三条駅より徒歩15分/
地下鉄東西線京都市役所前駅より徒歩5分

問い合わせ先

Tel・Fax:075-231-0706 Mail:info@galleryparc.com

公式Web
http://www.galleryparc.com

※このページの内容は掲載時点での情報です。
 日程や内容は変更または中止となる可能性がありますので、ご計画、お出掛けの際は事前にご確認ください。

注目の宿

宿をさがす

日昇別荘

旅館烏丸御池周辺 エリア

純和風木造で京都を満喫できるこだわりの…

貴船べにや

旅館貴船・鞍馬 エリア

京の奥座敷・貴船べにやでは野趣あふれる…

ウェスティン都ホテル京都

ホテル岡崎・南禅寺周辺 エリア

美しい古都の町並みが広がる東山に佇むホ…

注目のグルメスポット

グルメスポットをさがす

黒豆茶庵北尾 祇園店

祇園周辺 エリア

祇園で歩き疲れたら丹波産の黒豆や小豆を…

京都一の傳 本店

四条烏丸周辺 エリア

グリル大仲

祇園周辺 エリア

八坂神社の石段下のすぐ先。お茶屋だった…

37 Grill - Bar & Lounge

三条京阪周辺 エリア

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る