明智光秀と廬山寺 メインイメージ

明智光秀と廬山寺

閲覧数 1836 投稿日 2015/08/05

投稿者:
ともやのアバター ともや
写真提供:
麻生浩一郎のアバター 麻生浩一郎

Photo by 麻生浩一郎

京都にある明智光秀ゆかりの品

みなさんは今まで明智光秀の所持品を見たことがあるでしょうか。おそらく見たことがある方は少数だと思います。それもそのはずで、明智光秀の所持品は残念ながらほとんど現存していません。

しかし、京都市内に明智光秀が所持していたとされる念持仏(武将が戦地で携帯していた、戦勝祈願のための小型の仏像)が祀られているお寺があります。
そのお寺は上京区、京都御苑のすぐ隣にある「廬山寺」というお寺です。
なぜ廬山寺に明智光秀の念持仏があるのかというと、織田信長が比叡山延暦寺を焼き討ちにした際に、同じ天台宗系の寺院だということで廬山寺も焼き討ちの対象になりかけましたが、それを当時の天皇が明智光秀に取り次いで、廬山寺の焼き討ちを防いだということに由来しているそうです。

明智光秀ファンや戦国時代ファンの方は必見です!

追記:こちらの念持仏は年に数回しか公開されません。念持仏を見に行きたいと思っている方は事前に廬山寺の方にいつ公開されるのか確認すると良いでしょう。

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る