京都の観光スポット

せいらいいん

西来院

格式、佇まいに優れた建仁寺の塔頭 西来院

鎌倉時代の中期に南宋から渡来した禅僧である蘭渓道隆が、京都建仁寺に住した際の住持寺が「西来院」です。
 
蘭渓道隆は日本に禅宗を広めるため来朝し、大宰府に着きました。
その後、京都の泉涌寺の来迎院に入り、院主の指示によって鎌倉の寿福寺に赴き、鎌倉幕府の執権・北条時頼の厚遇を得て建長寺を創建しました。
 
その後、後嵯峨上皇の詔(みことのり)によって京都建仁寺に住しました。
禅宗寺院の中でも西来院は高僧「蘭渓道隆」の寺として格式、佇まいに大変すぐれた寺院です。

建仁寺の境内にあり、花見小路通りを挟んだ東に位置します。

所在地
〒605-0811 京都市東山区大和大路四条下ル小松町584(建仁寺境内内)
交通アクセス

京阪電車「祇園四条駅」下車、徒歩7分
阪急電車「河原町駅」下車、徒歩10分
市バス「東山安井」下車、徒歩5分

公式ウェブサイト
http://www.kenninji.jp/
備考

通常は非公開

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、西来院からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、西来院からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、西来院からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る