京都の観光スポット

そうけんいん

総見院

戦国時代、本能寺の変より百日後に、大徳寺において織田信長の大葬礼が執りおこなわれました。喪主は信長の遺児で、秀吉の養子・秀勝が務めました。その後、織田信長の一周忌に間に合うように豊臣秀吉が建立したのが総見院です。
本堂内には「織田信長公坐像」重要文化財が安置されています。
大徳寺の22ある塔頭寺院の一つに数えられます。

※通常非公開です。

所在地
〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町59
宗派
臨済宗大徳寺派
本尊
織田信長坐像
創建
1583年
開基
古渓宗陳
時間

通常非公開

駐車場

有り

交通アクセス

市バス「大徳寺前」下車すぐ

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、総見院からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る