京都の観光スポット

うんりゅういん

雲龍院

静かな庭園に心が和む雲龍院

真言宗、泉涌寺派の別格本山で、1372年に後光厳法皇が竹巌聖皐律師を招いて菩提所として建立されたのが、この寺のはじまりです。その後、歴代天皇の信仰があつく、たびたび、この寺に行幸されています。特に、後円融天皇は勅願として如法写経会を始められ、この法会は現在まで続いています。
寺は応仁の兵火により、いったん焼失しましたが、後柏原天皇より後土御門天皇使用の御殿の寄進を受け本堂として再建し、江戸時代には寺領も多く来り学ぶ僧侶も多数にのぼり、もっと盛んでした。
後光厳天皇はじめ歴代天皇の尊牌を祀る霊明殿は、明治の初めに完成しました。

悟りの窓と迷いの窓

正確な真円を描いてる「悟りの窓」は禅における悟りの境地を表しており春には紅梅やハナカイドウを望むことができます。四角い窓は「迷いの窓」で人生における苦しみを象徴し「生老病死四苦八苦」を表しているといわれています。
5月の初め連休の頃には大きなピンク色のシャクナゲを眺めることが出来ます。

所在地
〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町36
TEL
075-541-3916
正式名
雲龍院
山号
院瑠璃山
宗派
真言宗泉涌寺派別格本山
本尊
薬師如来
創建
1372年(応安5)
開基
後光厳上皇
料金

大人 400円
小人 無料

時間

9:00~16:30(無休)

駐車場

有り(7台、無料  ※他に泉涌寺駐車場もあり)

交通アクセス

市バス「泉湧寺道」下車、徒歩15分
JR「京阪東福寺駅」下車、徒歩15分

公式ウェブサイト
http://www.unryuin.jp/index2.html
近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、雲龍院からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る