京都の観光スポット

こうげんじ

弘源寺

天龍寺塔頭寺院

天龍寺塔頭寺院の一つで細川家とゆかりの深い禅刹です。日本画を代表する竹内栖鳳、またその一門を代表する西山翠嶂、徳岡神泉、山本紅雲、上村松園など、数多くの文化勲章受章画家の日本画作品を所蔵しています。

長州藩幕末の刀傷

池田屋事件がきっかけになり、その後に起こる蛤御門の変の際に、長州藩士が天龍寺、弘源寺などに滞在していしました。
その際の長州藩士の試し切りなどの傷跡が、柱のあちらこちらに残っております。

嵐山を借景が美しい枯山水庭園

禅の悟りの境遇を表現した「虎嘯(こしょう)の庭」は、嵐山屈指の眺望を誇ります。弧を描くように敷かれた白砂で大海を表現しているのかのようで、景の中心となる石は、他と異なる色であり、横長の石は舟にも見えます。

所在地
〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町65
TEL
075-881-1232
正式名
弘源寺
山号
霊亀山(れいぎざん)
宗派
臨済宗天龍寺派
本尊
釈迦如来
創建
1446年(文安3)
開基
玉岫英種
料金

大人 500円
小・中学生 300円
宝厳院割引共通券 900円

時間

9:00~17:00

交通アクセス

JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車
京都バス(71、72)「京福嵐山駅前」下車
市バス(28)「嵐山天龍寺前」下車

公式ウェブサイト
http://kogenji.jp/
近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、弘源寺からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、弘源寺からの直線距離

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る