京都の観光スポット

しょうせいえん

渉成園

渉成園概要

渉成園は真宗大谷派の本山の飛地境内地で、周囲に枳殻(からたち)が植えてあったことから枳殻邸とも呼ばれています。もともとこの地は、平安時代初期に嵯峨天皇の皇子の左大臣源融が奥州塩釜の景を移して、難波から海水を運ばせた六条河原院苑池の遺蹟と伝えられています。その後、1641年に徳川家光によってその遺蹟の一部を含む現在の地が寄進され、さらに1653年、第13代宣如上人の願いによって石川丈山が作庭したのが渉成園のはじまりです。

別名
枳殻邸
所在地
〒600-8190 京都市下京区下珠数屋町通間之町東入ル東玉水町
正式名
渉成園
創建
1653年(承応2)
文化財

渉成園(国・名勝)

料金

志納 500円以上(庭園維持管理寄付金として)

時間

9:00~16:00(15:30受付終了)

駐車場

有り(10台)

交通アクセス

JR「京都駅」下車、徒歩約10分
市バス「烏丸七条」下車、徒歩約 5分
京阪電車「七条駅」下車、徒歩約10分
地下鉄「五条駅」下車、徒歩約 7分

公式ウェブサイト
http://higashihonganji.or.jp/special/#/shoseien
備考

庭園は自由参観可

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、渉成園からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、渉成園からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、渉成園からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る