京都の観光スポット

まつがさきだいこくてん

松ヶ崎大黒天

松ヶ崎の大黒さん

五山の送り火の「妙法」の「法」の字が灯る山の麓にある日蓮宗の寺院で、正式名称は松崎山妙円寺。江戸時代初期の元和2年(1616年)、本涌寺内に建てられた日英の隠居所に始まる寺ですが、松ヶ崎大黒天(「松ヶ崎の大黒さん」)としての名が京都では有名です。
 
また、春は早咲きの大きな枝垂れ桜、夏は新緑、秋はイチョウや紅葉が楽しめる知る人ぞ知る穴場スポットです。

大黒天 / 都七福神・京の七福神・京都七福神

本尊の大黒天は伝教大師の作、日蓮聖人が開眼。京都の表鬼門を守る福の神として、また開運招福の神として広く信仰を集め、この大黒様は、1969年の大火にも無事で「火中出現の大黒さま」と呼ばれています。ご利益は寿福円満、開運招福、商売繁盛。
正月初子の日を始めとして、60日ごとの甲子(きのえね)の日には、大黒天像が開帳され多数の参詣者で賑わいます。

大黒堂前の米俵の上に座る「なで大黒」は、体の悪いところをなでて祈願すると病気平癒のご利益で人気を集めています。

冬の恒例行事「加持大祭」

加持大祭では、日蓮宗の荒行僧による水行や祈祷、お火焚祭が行われます。水行では日蓮宗大本山である法華経寺(ほけきょうじ)で百ヶ日の過酷な荒行を終えた荒行僧が下帯姿で呪文を唱えながら頭から冷水をかぶり、天下泰平・無病息災を祈願します。

別名
妙円寺
所在地
〒606-0943 京都市左京区松ヶ崎東町31
TEL
075-781-5067
FAX
075-722-1424
正式名
妙円寺
山号
松崎山
宗派
日蓮宗
本尊
松ヶ崎大黒天
創建
1616年(元和2)
開基
日英
料金

無料

時間

9:00~16:00

駐車場

有り(自家用車15台分、無料)

交通アクセス

叡山電車「修学院駅」下車、徒歩約7分
地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」下車、徒歩約10分
市バス「松ヶ崎大黒天」下車、徒歩約3分

公式ウェブサイト
http://matugasaki-daikokuten.net/
備考

個人参拝ご祈祷 5000円より相談ごと(要予約)
大黒天ご開扉料金一人1000円(祈祷の上お札授与、法話)

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、松ヶ崎大黒天からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、松ヶ崎大黒天からの直線距離

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る