京都の観光スポット

ようげんいん

養源院

血天井

三十三間堂の東側にある養源院は、本堂の正面と左右の廊下の天井は伏見城が落城した際、家康から同城の守備を命じられた鳥居元忠以下の将士が自刃した時の板間を用いたものと言われ、俗に血天井と呼ばれています。
また、浅井家ゆかりの寺院でもあります。
茶々(淀君)が父浅井長政の菩提を弔うため創建し、「養源院」の名は長政の法名からつけられました。その後落雷に遭い、焼失しますが、二代将軍徳川秀忠の正室になった三女お江によって再建され、今に至っています。お江の肖像画があります。

別名
血天井・宗達寺
所在地
〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻り町656
TEL
075-561-3887
正式名
養源院
山号
南叡山
宗派
浄土真宗遣迎院派
本尊
阿弥陀如来
創建
文禄3年(1594年)
開基
淀殿、成伯(開山)
文化財

金地着色松図、着色杉戸絵(重要文化財)

料金

拝観料 500円

時間

9:00~16:00

交通アクセス

市バス「博物館三十三間堂前」下車、徒歩5分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、養源院からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、養源院からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る