京都の観光スポット

うめこうじこうえん

梅小路公園

  • 梅の名所
  • 紅葉の名所

水・花・木・緑の空間として作られた都市公園です。
京都駅より徒歩15分と立地条件がよく、市街地にありながら、四季折々の自然を感じられる、敷地面積12.5万平方メートルの公園です。手づくり市や音楽祭など様々なイベントが催されています。
隣には「梅小路蒸気機関車館」や「京都水族館」があります。
「梅小路蒸気機関車館」は蒸気機関車のファンなら見逃せない施設です。

梅小路公園の歴史

通りとしての梅小路は、幅4丈(約12m)の小路として設けられました。名称は平安時代にまでさかのぼり、「梅小路」という呼び方が一般的でしたが、「梅ヵ小路」(むめかこうじ)と呼ばれることもあったそうです。 
 地名としての梅小路は、平安京域内の延喜坊に属し、境域は東西が朱雀大路と西坊城通、南北が八条大路と塩小路に囲まれる区域のことを呼びます。地名は、集落が梅小路通りの北にあったことによると考えられています。また、ここには八条大将と称された藤原保忠の伝領地があって大将町と呼ばれていたそうです。 
平安末期には平清盛の「西八条第」(にしはちじょうてい)が南北は八条大路と八条坊門小路、東西は大宮大路と坊城小路の6町に造営されました。また同時期に八条女院御所も八条大路を中心に造営されていましたが、西八条第は寿永2年(1183)7月25日に平氏一門自らの手で火を放たれ焼失しました。
以後、鎌倉・南北朝期の東寺百合文書にも「梅小路」・「梅小路町」の記述があり、室町時代には掃部寮(かもんのりょう。宮内省の令外官)領が存在したと推察されているそうです。 
江戸の地誌類では、梅小路通について、田畑のみで家はないと記されています。 
 梅小路に残る風俗としては、村には読経と木魚に合わせながら丸太を青竹で叩くジジバイ講という豊作祈願の行事があり、毎年1月8日に梅林寺で行なわれています(京都市登録無形民俗文化財)。 
 明治元年(1868)に京都府葛野郡梅小路村(かどのぐん・うめこうじむら)となりました。以後、明治22年(1889)に京都府七条村(しちじょうむら)字梅小路となり、1918(大正7)年に京都市下京区に編入され、下京区梅小路日影町・石橋町・中町・頭町の4町となりました。さらに1960 (昭和35) 年には、梅小路4町と周辺の町名や町域が再編され、現在に至ります。

所在地
京都市下京区観喜寺町、八条坊門町、梅小路頭町
TEL
075-352-2500
FAX
075-352-2561
正式名
梅小路公園
創建
1995年(平成7)
料金

無料 ※一部有料施設有り
チンチン電車 300円(現在公園整備工事に伴い運行を休止しております。平成26年1月頃まで)
朱雀の庭・いのちの森 200円

駐車場

有り ※交通弱者専用(200台、有料)
入庫から2時間まで700円 以降60分/200円加算

交通アクセス

京都駅中央口より塩小路通を西へ約15分
市バス「梅小路公園前」「七条大宮」下車

公式ウェブサイト
http://www.kyoto-ga.jp/umekouji/
備考

有料施設(朱雀の庭・いのちの森)は月曜日休園(月曜が祝日の場合は、翌日火曜日)

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、梅小路公園からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、梅小路公園からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、梅小路公園からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る