京都の観光スポット

やさかじんじゃおおくにぬししゃ

八坂神社大国主社

福の神・縁結びの神

大国主社は、八坂神社の末社で、本殿の南西側(社務所の向かい)にあります。
祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)事代主命(ことしろぬしのみこと)少彦名命(すくなひこなのみこと)です。
大国主命は、大己貴神(おおなむちのかみ)や八千矛神(やちほこのかみ)など多くの別名があり、本殿に祀られている素戔嗚尊(すさのおのみこと)の御子とも六代の孫と言われています。
 
また、八坂紋結びの飾り結びも置いてあります。こちらも、縁結びのご利益があると人気があります。

大黒さん

神話の「因幡の白兎」(いなばのしろうさぎ)で知られる出雲の神で、俗に「大黒さん」と呼ばれ、福の神、縁結びの神としても知られています。
神話の内容は、自らの過ちで皮を剥がれてしまった白ウサギを、心優しい大国主命が救い、その救ったウサギが縁となって運命の人(八上比売)と出逢うというものです。これが、大国主命が縁結びの神様として祀られている理由です。

所在地
〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625番地
御祭神
大国主命(おおくにぬしのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
ご利益

縁結び


交通アクセス

京阪「祇園四条駅」下車、徒歩7分
地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩10分
市バス「祇園」下車

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、八坂神社大国主社からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、八坂神社大国主社からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、八坂神社大国主社からの直線距離

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る