霰天神山
霰天神山
霰天神山
霰天神山
霰天神山

霰天神山 あられてんじんやま

※山鉾は山鉾建てから巡行までの期間、観覧することができます。

霰天神山

紅梅と12本もの若松が目を引きますが、山全体が神社を模しており、鳥居、透塀があり、さらに狛犬がいます。永正の大火のとき、急に霰が降って火を消しとめた、そして霰とともに降ってきた一寸二分(およそ3.6センチ)の天神像を祀ったという話が由来となっています。鳥居の周りには紅梅と榊が飾られています。

懸装品

・前懸:ギリシャ神話の叙事詩「イリアス」の一場面を描いた16世紀ベルギー製タペストリー(重要文化財)。
・前懸:太湖岩鳳凰図の中国刺繍。
・胴懸:上村松篁の下絵による梅金鶏図と上村淳之の下絵による銀鶏図。
・後懸:紅地雲龍宝尽図

行事日程

鉾建て 7/13日 8:00〜
駒形提灯 7/14~16日 夕刻~

粽・授与品

◆粽のご利益
雷除け・火災除け

◆授与品
手拭・御守(除災招福・雷除火除)

ご朱印

◆授与期間
7/14〜16日 10:00~21:00

◆料金
志納

所在地
中京区錦小路通室町西入ル天神山町

※当サイトに掲載の内容はすべて掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は念の為事前にご確認ください。

京都貴船 川床料理 べにや