京都の観光スポット

にいたまつしまじんじゃ

新玉津島神社

文章上達祈願

新玉津島神社は、平安時代末期~鎌倉時代初期を代表する歌人の藤原俊成のゆかりの神社です。
1186年に、玉津島神社に祀られている和歌の神様の衣通郎姫(そとおしのいらつめ)の分霊を、藤原俊成が自邸内に勧請したのが始まりです。1183年に後白河法皇の院宣により藤原俊成は、この邸宅を和歌所とし、「千載和歌集」を編纂し始めました。江戸時代には、松尾芭蕉の師である北村季注が、約七年間この神社の宮司として住み、万葉集の注釈書の編纂に励みました。
これらの由縁から今も多くの人が短歌、俳句、文章の上達祈願に訪れています。

所在地
〒600-8427 京都府京都市下京区烏丸通松原西入ル玉津島町309
創建
文治2年(1186年)
ご利益

文章上達


駐車場

なし

交通アクセス

地下鉄烏丸線「五条駅」下車、徒歩約5分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、新玉津島神社からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、新玉津島神社からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、新玉津島神社からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る