沙羅の花を愛でる会

2012 6 15 7 1

東林院は「沙羅双樹の寺」として有名で、普段は非公開寺院ですが、沙羅の花が咲く時期に合わせて特別公開しています。
方丈前庭には十数本の沙羅の木があり、梅雨の季節に白い花を咲かせます。
沙羅双樹といえば、平家物語の「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。」で、
これは、“世の栄枯盛衰の儚さ”を“ナツツバキが朝に開花し、夕方には落花してしまう儚さ”と重ね合わせてあります。
(沙羅双樹とうたわれていますが、ナツツバキのことをいいます)

プレイス
日程・時間
2012 6 15 7 1
9:30~16:00
料金
抹茶付拝観券 1,580円
抹茶と精進料理付 5,570円
会場・開催場所
東林院
お問い合わせ
TEL 075-463-1334(東林院)
交通アクセス
市バス「妙心寺前」下車徒歩6分、「妙心寺北門前」下車徒歩10分
JR山陰線「花園」下車徒歩8分
京福電車「妙心寺」下車徒歩12分
備考
1月に「小豆粥で新春を祝う会」、10月には「梵燈のあかりに親しむ会」が開かれます。
京都貴船 川床料理 べにや