冬の総本山智積院 メインイメージ

冬の総本山智積院

閲覧数  投稿日 2018/03/20

投稿者:
Nozomi Nagauraのアバター Nozomi Nagaura

総本山智積院 講堂

東山七条にある真言宗智山派の総本山である智積院を訪れました。
講堂の手前にある収蔵庫には桃山時代に長谷川等伯らによって書かれた「桜図」「楓図」などの金碧障壁画が智積院には残されています。

利休好みの庭

講堂を抜けると名勝庭園が見えてきます。豊臣秀吉公が建立した祥雲禅師時代に原型が作られたこの庭園は利休好みの庭と伝えられているそうです。訪れたこの日は保存修理工事が行われており、いつもの庭園は残念ながら見られませんでした。現在は修理工事も終わっているの制限はなく庭園を楽しめます。

金堂

総本山智積院の中心的建物の金堂です。
堂内には昭和の祈りを込めた本尊大日如来の尊像が安置されています。

拝観料案内と智積院へのアクセス

◎収蔵庫・名勝庭園
拝観受付時間 午前9時 ~ 午後4時
拝観料 一 般 500円
高校生 300円  中学生 300円  小学生 200円
※団体割引(それぞれ20人以上)50円引き
12月29日,30日,31日はお休みとなります
拝観場所以外の境内地はいつでもご参拝できます。
各お堂は午後4時半頃に閉まります。

◎アクセス
・JR京都駅よりバス10分、東山七条下車
  市バス206系統、207系統、208系統
・京阪七条駅より徒歩約10分

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る