京都の観光スポット

りょうげんいん

龍源院

大徳寺塔頭 龍源院

永正年間(1504 - 1521年)に東渓宗牧(とうけいそうぼく)を開山とし、畠山義元、大友義長、大内義興らが創建したと言われています。創建年次は文亀2年(1502年)、永正元年(1504年)など諸説あります。
 
龍源院は大徳寺南派の寺院で、重要文化財の方丈、唐門、表門は創建当時のままの姿を残し、大徳寺山内でも最古の建物です。
 
珍品も多く収集されており、豊臣秀吉と徳川家康が対局したとされる「四方蒔絵碁盤・碁笥」や、徳川幕府の御用絵師だった狩野探幽が描いた「達磨図」、日本最古のものと伝えられる「種子島銃」、長谷川等伯の作と伝えられている2幅で一対となっている掛幅「猿猴図」、聚楽第にあった「阿吽の石庭」などがあります。

所在地
〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町82-1
TEL
075-491-7635
宗派
臨済宗大徳寺派南派
創建
文亀2年(1502年)頃
開基
畠山義元・大内義興・大友義長、東渓宗牧(開山)
文化財

本堂(附:玄関)、表門、木造釈迦如来坐像(重要文化財)

料金

350円

時間

9:00~16:30

交通アクセス

市バス「北大路堀川」下車、徒歩7分
市バス「大徳寺前」下車、徒歩3分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、龍源院からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、龍源院からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る