京都の観光スポット

むりんあん

無鄰菴

山県有朋の別荘

無鄰菴は明治・大正の元老である山県有朋が京都に造営した別荘です。その名は有朋が長州(山口県)に建てた草庵が隣家のない閑静な場所であったことから名付けられたと言われています。
 
有朋は京都の木屋町二条に別荘を構え無鄰菴と号しましたが、さらに好みの別荘を作りたいと考え、明治27年(1894)に現在の地で無鄰菴の造営にとりかかり、明治29年(1896)に無鄰菴が完成しました。有朋はこの別荘の庭園をこよなく愛し、多忙な公的生活の合間にも夫人を伴ってしばしば訪れました。
 
建物木造2階建の母屋、藪内流燕庵(えんなん)を模してつくられた茶室、煉瓦造2階建ての洋館の三つからなります。
 
洋館は明治31年に建てられました。2階には江戸時代初期の狩野派による金碧花鳥図障壁画で飾られた部屋があり、ここで明治36年(1903)4月21日に元老・山県有朋、政友会総裁・伊藤博文、総理大臣・桂太郎、外務大臣・小村寿太郎の4人による「無鄰菴会議」が開かれています。
 
この部屋には今日でも、花鳥文様の格天井、椅子、テーブルなどの家具が残っており、当時の趣を窺い知ることができます。1階は展示室になっており、無鄰菴や山県有朋についての説明展示などが行われています。

庭園

敷地の大半を占める庭園は,有朋自らが設計・監督し、造園家・小川治兵衛が作庭したものです。
ゆるやかな傾斜地に東山を借景とし、疏水の水をとり入れ、三段の滝、池、芝生を配した池泉廻遊式庭園です。

国の名勝に指定

無鄰菴は昭和16年(1941)に京都市へ寄贈され、昭和26年(1951)には庭園が明治時代の名園として国の名勝に指定されています。

所在地
〒〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町31
TEL
075-771-3909
料金

410円

時間

4月 - 6月  8:30 - 18:00
7月 - 8月  7:30 - 19:00
9月 - 10月  8:30 - 18:00
11月     7:30 - 18:00
12月 - 3月  8:30 - 17:00

交通アクセス

市バス「神宮道」下車、徒歩10分
地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩7分

公式ウェブサイト
http://murin-an.jp/
近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、無鄰菴からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、無鄰菴からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、無鄰菴からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る