秋の古知谷阿弥陀寺
Photo bykota
古知谷阿弥陀寺のお地蔵様
Photo bykota
古知谷阿弥陀寺三門と紅葉
Photo bykota
古知谷の清楚
Photo byChiaki
古知谷阿弥陀寺のクリンソウ
Photo bymarua39
緑の清流
Photo byChiaki

阿弥陀寺 あみだじ

  • 古知谷光明山法国院阿弥陀寺
  • 古知谷阿弥陀寺

弾誓(たんぜい)上人が念仏道場として開いた寺で、上人は9歳で出家し63歳の時に即身仏となりました。
弾誓上人は、穀絶ち塩絶ちの末、松の実、松の皮を食べ、体質を樹脂質化して後念佛三味をもって生きながら石窟の二重の石棺の中に入り、念佛の声が聞こえなくなった時、空気穴を密閉し、現在でも「ミイラ佛」として今も本堂の奥の開山窟に安置されています。

本堂には上人の自作で自らの頭髪を植えたといわれる上人像「植髪の尊像」が本尊として祀られています。

古知谷楓

天然記念物に指定された樹齢約800年の「古知谷楓」が有名です。江戸時代から紅葉の名所として有名で、数百本の楓が赤く色づく様は壮観です。

所在地
〒601-1235
京都市左京区大原古知平町古知谷阿弥陀寺83
TEL
075-744-2048
正式名
古知谷光明山法国院阿弥陀寺
創建年
1609年(慶長14年)
山号
光明山
宗派
浄土宗
本尊
開山弾誓自作の植髪像
開基
弾誓上人
文化財
木造阿弥陀如来坐像・木造薬師如来立像(国宝・重要文化財) 古知谷楓(市・天然記念物)
料金
500円
時間
9:00~16:00(1〜2月は休み)
駐車場
有り(無料:50台)
交通アクセス
京都バス「古知谷」下車、徒歩約20分
カテゴリー
京都貴船 川床料理 べにや