京都の観光スポット

びょうどうじ

平等寺

京都十三仏/薬師如来

997年因幡国司橘行平が帰洛の途中、夢のお告によって因幡賀留津の海中から一体の薬師如来像をひきあげました。仮堂に安置しておきましたが、薬師は行平のあとを追って京都に飛来したといわれ、1003年に行平は自宅を改造してこれを祀ったといわれています。

「贔屓(ひき)」127年ぶりに地に降りる

平等寺の屋根瓦に据えられていた「贔屓」の置物が本堂の改修のため127年ぶりに地上に降ろされ、境内に展示されました。伝説では贔屓とは竜が生んだ9頭の神獣のひとつで、重い荷を好んで背負うと言われており、気に入った者に肩入れすることを意味する贔屓の語源となったそうです。そういった特性から贔屓は通常柱などを支える台として使われることが多いそうですが、平等寺では屋根に置かれており、その理由は不明だそうです。

別名
因幡堂,因幡薬師
所在地
〒600-8415 京都市下京区不明門通松原上ル因幡堂町728
TEL
075-351-7724
正式名
平等寺
山号
福聚山
宗派
真言宗智山派
本尊
薬師如来
創建
1003年(長保5年)
開基
橘行平
文化財

木造薬師如来立像・木造釈迦如来立像・木造如意輪観音坐像(国宝・重要文化財)

料金

無料

交通アクセス

地下鉄「五条/四条」下車、徒歩約5分
市バス「烏丸松原」下車、徒歩約1分
阪急電車「烏丸」下車、徒歩約5分

公式ウェブサイト
http://inabado.jp/
備考

毎月8日にお寺の境内で「因幡薬師てづくり市」を開催

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、平等寺からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、平等寺からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、平等寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る