京都の観光スポット

しょうじじ

勝持寺

  • 桜の名所
  • 紅葉の名所

西行桜

勝持寺は古くから桜の名所として知られ、西行ゆかりの寺としても知られています。679年(白鳳8)、天武天皇の命により創建されました。西行は1140年(保延6)、この寺で出家して庵を結び、桜を植えました。これが「西行桜」で、高浜虚子は「地にとどく西行桜したしけれ」と詠みました。現在の桜は3代目。細川幽斎は連歌の会を催し、謡曲の舞台ともなりました。この“西行桜”は八重桜で、春のシーズンにはたくさんの方が訪れます。

桜の季節の見どころ

勝持寺は通称「花の寺」とも呼ばれています。満開時には100本近い桜が境内を埋め尽くします。桜を愛した平安時代の僧「西行法師」は、今も鐘楼の傍らに「西行桜」としてその姿を魅せています。

【桜の本数】 約100本

所在地
〒610-1153 京都市西京区大原野南春日町1194
TEL
075-331-0601
FAX
075-331-0664
正式名
勝持寺
山号
小塩山
宗派
天台宗
本尊
薬師如来
創建
不詳
開基
役小角
文化財

木造薬師如来坐像・木造金剛力士立像・大原野千句連歌懐紙(国・重要文化財)

料金

400円
お茶席券500円

時間

9:00~17:00(受付16:30まで)

駐車場

無料駐車場

交通アクセス

阪急電車「東向日駅」下車し、阪急バス「南春日町」下車、徒歩20分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、勝持寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る