京都の観光スポット

だるまでら

だるま寺

本堂の仏涅槃木像は金箔等身蓮上聡耳の木像。桃山時代の作、仏頭、仏顔、仏身、仏足に触れてわが身を按ずると智慧と徳相と寿命が得るといわれている。この寺は洛陽円町、北野天神ゆかりの紙屋川畔にあり、通称だるま寺の名で親しまれている。三国一を称する起き上り達磨をはじめ、諸願成就に奉納された達磨が、およそ8000余をまつる達磨堂は特に有名で節分は参詣者で賑わう。本堂には、映画創業以来の関係者400余の霊がまつられていて、貴空磨寺や島津源蔵、夫婦の念持仏をまつる学神堂等がある。達磨竹の逆さ竹を中心に印度、中国産の竹の珍種も繁茂し、本堂の東側には禅の悟りの段階を示す十牛の庭、南側に白砂の上に苔で心字を描き出したユニークな庭がある。

「七転八起」とは

倒れても自力で起き上がる力であり、転んだ力の大きさで起き上がり、無抵抗の力で、苦にもめげず楽にもおごらない、一貫した忍苦の人間生活のシンボルが起き上がり達磨の本質です。

所在地
〒602-8366 京都市上京区下立売通西大路通東入ル
TEL
075-841-7878
正式名
法輪寺
山号
正法山
宗派
臨済宗妙心寺派
本尊
釈迦如来
創建
1727年(享保12)
料金

無料(境内自由)
特別拝観日:本堂、衆聖堂、だるま堂、茶室、庭園すべて
 大人 300円
 中学生 200円
 小人 100円

時間

16:00受付終了

駐車場

有り(5台、参拝者は無料)

交通アクセス

阪急電車「西院駅」下車、徒歩15分
JR山陰線「円町」下車、徒歩5分
市バス「西ノ京円町」下車、徒歩約5分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、だるま寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る