京都の観光スポット

ほうこうじ

方広寺

国家安康の鐘

梵鐘を製作した三条釜座鋳物師、名越(名護屋)三昌らによって1612年に製作されました。大仏殿及び大仏は1798年の落雷により大仏、大仏殿ともに焼失しています。従って本遺物は豊臣家建立の寺院として東山に偉容を誇った方広寺大仏殿のありし日の姿を伝えています。
釣鐘は有名で、奈良の東大寺・知恩院・方広寺と日本三釣鐘(重要文化財)に指定されています。

弥次さん喜多さんの方広寺の話

江戸時代、神田の八丁堀に弥次郎兵衛と喜多八という二人の男がいました。供に怠け者で愉快な独り者。ある日、弥次さんが喜多さんに旅に出ようかと持ちかけます。一生一度の思い出に、伊勢から京都、大阪見物としゃれようじゃないか。家財を売り払って旅行資金を作り、日本橋から東海道五十三次の旅に出かけました。道中で泥棒に遭うなどしましたが、伊勢から京の都へたどり着いた二人。華やかな装いの女性に目を奪われながら歩いていると山門の上からのぞく大仏像を見つけ御堂へ入って行きました。中には金箔で美しく彩色された高さ19mの大仏がありました。豊臣秀吉が奈良の大仏に負けない大仏を造らせたとされ、二人は「手のひらに畳が八畳敷ける」「鼻の穴から傘をさして出られる」と驚きました。さらに穴の開いている御堂の柱を見つけ、弥次さんがくぐり抜けようと試みるが、脇差しのつばがつっかえて抜けなくなってしまいました。

所在地
〒605-0931 京都市東山区正面通大和大路東入茶屋町527-2
TEL
075-561-1720
正式名
方広寺
宗派
天台宗山門派
本尊
大日如来
創建
1595年(文禄4)
開基
豊臣秀吉
文化財

梵鐘(国・重要文化財)
石塁・石塔(国・史跡)

料金

境内無料
(本堂拝観は大人200円、中学生以下100円)

時間

9:00~16:00

駐車場

有り(6台、無料)

交通アクセス

京阪電車「七条駅」下車、徒歩約8分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、方広寺からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、方広寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る