京都の観光スポット

にゃくおうじじんじゃ

若王子神社

京都三熊野

若王子神社は、熊野神社・新熊野神社とともに京都三熊野のひとつに数えられます。
応仁の乱により社殿は荒廃してしまいましたが、豊臣秀吉により再興されました。以前は本宮・新宮・那智・若宮の四棟から構成されていましたが、昭和54年に一社相殿に改築されました。
 
道中安全祈願や進学、縁結びの神様としても人気です。サッカー日本代表のユニフォームでおなじみの八咫烏(やたがらす)が梛の葉を加えているマークはこの神社のシンボルになっています。

梛の御守り

御神木の梛の木が境内入口にあります。樹齢は推定400年。梛の木はかつて紀州熊野詣や伊勢参宮の時などの際に禊の木(お守り)として用いられたともいわれ、全ての苦難を「ナギ倒す」に因んで、この梛の葉で作られた御守りが人気です。

洛中のお滝

和歌山の熊野神社で有名な那智の滝ですが、熊野若王子神社にも那智の滝に見立てた洛中のお滝があります。上皇をはじめ修験者は、この滝で身を清めてから熊野へ出発したそうです。滝の前に鎮座しているのは天龍白蛇弁財天です。

別名
若王子さん
所在地
〒606-8444 京都市左京区若王子町2
TEL
075-771-7420
FAX
075-771-7420
正式名
熊野若王子神社
創建
1160年(永暦1)
御祭神
国常立神・伊佐那岐神・伊佐那美神・天照皇大神・恵比須像
例祭
7月10日
ご利益

縁結び


料金

境内自由

時間

境内終日

駐車場

有り(小さな車5~6台駐車可)

交通アクセス

市バス「宮ノ前」下車、徒歩約10分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、若王子神社からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、若王子神社からの直線距離

近郊の食事処

※ [  ] 内は、若王子神社からの直線距離

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る