京都の観光スポット

だいこうじ

大光寺

伏見大光寺(元大光明寺)は、鎌倉時代に開基された浄土宗のお寺です。もともとは江戸町(伏見桃山町松平武蔵)にあり、宮家と深い縁を有し、のちに伏見奉行所の小堀遠州により、伏見城の大手筋門通りの地である家光傅役 青山伯耆守屋敷跡を拝領し、現在の地に移転。
 
本堂の本尊は春日大明神の神作といわれる桃山時代の阿弥陀仏。日限地蔵は智証大師作。五劫如来の首は善導大師作といわれています。
 
薬師堂は知恩院宮の旧御殿を拝領した桃山建築で、三笠山の薬師寺からきたという平安時代の薬師三尊が奉られています。
 
墓地参道には、鎌倉時代の四面石仏があります。
 
伏見奉行所の与力方の菩提寺としてあり。幕末には、伏見義民一揆や新選組に関係する事件などもありました。伏見の歴史に深く関係した古刹です。

所在地
〒612-8055 京都市伏見区伯耆町1-1
TEL
075-601-4282
正式名
大光寺
山号
藤澤山
宗派
浄土宗
本尊
阿弥陀仏
創建
1260年(文応1)
開基
寛海
ご利益

耳の病、安産祈願


料金

拝観自由

交通アクセス

近鉄電車「桃山御陵前駅」下車、徒歩約10分
京阪電車「伏見桃山駅」下車、徒歩約10分
京阪電車「中書島駅」下車、徒歩約15分

公式ウェブサイト
http://daikoji.web.fc2.com/
近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、大光寺からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、大光寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る