京都の観光スポット

しょうりんじ

勝林寺

  • 紅葉の名所

毘沙門堂 勝林寺

東福寺の塔頭で、天文十九年(一一五〇)に第二百五世住持高岳令松によって創建されました。仏法と北方を守護する毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。
本堂は大檀那であった近衛家の大玄関を移して建立し、境内には一切経を埋めた石塔が建てられています。
毘沙門堂に安置する毘沙門天立像は、等身大に近い像で左手に宝塔、右手に三叉戟を持った忿怒相、作は平安時代十世紀後半ごろに遡るといわれています。毘沙門天立像は、東福寺仏殿の天井内に秘かに安置されていましたが、江戸時代に開山高岳令松の霊告により独秀岱によって発見され、勝林寺の本尊として祀られるようになりました。

所在地
〒605-0981 京都市東山区本町15-795
TEL
(075)561-4311
正式名
毘沙門堂勝林寺
御祭神
毘沙門天
料金

大人1000円・中学・高校生500円(団体のみ 8名~要応談)
※拝観時間は20~30分(寺宝の説明つき)

交通アクセス

京阪東福寺駅下車 徒歩8分 / JR奈良線東福寺駅下車 徒歩8分
市バス 202・207・208系統「東福寺」バス停下車

公式ウェブサイト
http://shourin-ji.org/
備考

新春と秋の紅葉の頃特別拝観があります。
それ以外は団体8名以上の申し込みが必要です。

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、勝林寺からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、勝林寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る