京都の観光スポット

しょうりゅうじ

勝龍寺

大同元年(806年)弘法大師・空海の開基で、寺号は恵解山青龍寺です。
本尊は鎌倉時代につくられた十一面観音で、国の重要文化財に指定されています。
大干ばつ大飢饉の都市に千観上人の祈とうで雨が降り、龍神に勝ったという意味から勝龍寺と改名されました。
境内の右には、びんずる尊者の像が安置され、病気の人が、このお像をなでた手で自分の悪いところをさすると、病気が治ると信じられています。
平成18年12月には、「ぼけ封じ観音」が安置され、西日本ぼけ封じ三十三ヶ所霊場の第三番霊場で、同じくぼけ封じ近畿十楽観音霊場の第三霊場となっています。

所在地
〒617-0836 京都府長岡京市勝竜寺19-25
TEL
075-951-6906
宗派
真言三宝宗
本尊
十一面観音
創建
大同元年(806年)
開基
空海
交通アクセス

JR東海道本線「長岡京」下車、徒歩約10分
阪急京都線「長岡天神」下車、徒歩約20分

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、勝龍寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る