京都の観光スポット

English

だいごじ

醍醐寺

Daigo-ji Temple

  • 桜の名所
  • 紅葉の名所
  • 世界遺産
  • ★★ ミシュラングリーンガイド 二ツ星

歴史

874年(貞観16)、空海の孫弟子にあたる理源大師・聖宝が、醍醐山上に小堂宇を建立、准胝観音、如意輪観音の両観音像を安置した事に始まります。その後、山深い醍醐山頂上一帯を中心に修験者達の霊場として発展、さらに醍醐・朱雀・村上の三帝による信仰を受け、伽藍も整う事で醍醐寺の基礎は確立して行きました。907年(延喜7)には、醍醐天皇の勅願寺となり薬師堂が建立、五大堂も落成するに至って「上醍醐」の伽藍が完成。醍醐山麓の広大な平地には、926年(延長4)の釈迦堂、951年(天暦5)の五重塔が完成し「下醍醐」の大伽藍が発展しました。
その後、応仁の乱等相次ぐ戦火で下醍醐の堂宇は荒廃、五重塔のみが天暦建立時の姿を今に残しています。
豊臣秀吉による「醍醐の花見」を契機に、1598年(慶長3)現在の金堂を秀吉が紀州湯浅の満願寺から移築する等、豊臣家、徳川家からの援助によって伽藍の復興、寺門の整備がされ、今日の醍醐寺の姿が整いました。
2008年(平成20)8月24日の落雷による火災で、醍醐寺東側の山上にある「准胝観音堂」がほぼ全焼してしまいました。

醍醐の桜

醍醐山上一帯の「上醍醐」と、山麓の「下醍醐」、壮麗な庭「三宝院」とを合わせた広大な境内地を誇ります。
特に醍醐の桜として有名で、豊臣秀吉もここで花見をしたといわれています。

【桜の本数】 約1,000本

ミシュラングリーンガイド

【醍醐寺】・【庭園】が二ツ星に、
【仁王門】・【五重塔】・【三宝院】が一ツ星に選ばれています。

所在地
〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22
TEL
075-571-0002
FAX
075-571-0101
正式名
醍醐寺
山号
醍醐山、深雪山(上醍醐寺)
宗派
真言宗醍醐派
本尊
薬師如来(重要文化財)
創建
874年(貞観16)
開基
聖宝
文化財

金堂・五重塔・清滝宮拝殿・木造薬師如来及両脇侍像ほか(国宝)
開山堂・清滝宮本殿・絹本著色阿弥陀三尊像・木造薬師如来及両脇侍像ほか(国・重要文化財)
三宝院庭園(特別史跡・特別名勝)
境内(国・史跡)

料金

三宝院・伽藍・霊宝館3箇所共通(平成28年9月1日より改定)
 大人 1500円
 中学・高校生 1000円
入山料
 大 人  600円
 中学・高校生 400円

時間

三宝院庭園・殿舎拝観、伽藍(金堂・五重塔 等)
 3月から12月第1日曜日までの期間 9:00~17:00(16:30受付終了)
 12月第1日曜日の次の日から2月末までの期間 9:00~16:00(15:30受付終了)
入山受付時間(上醍醐※一年を通じて入山可能)
 夏期(3月1日~11月末) 9:00~16:00
 冬期(12月1日~ 2月末日)9:00~15:00
※必ず17:00までにふもとへ到着するように下山ください。
※上醍醐登山口女人堂で入山受付が出来なかった場合、必ず上醍醐寺務所において入山受付を行って下さい。

駐車場

有り(有料:約100台) 700円

交通アクセス

地下鉄東西線「醍醐」下車、徒歩20分
京阪バス「醍醐三宝院」下車、すぐ(上醍醐寺へは下車後徒歩約60分)

公式ウェブサイト
http://www.daigoji.or.jp/
近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、醍醐寺からの直線距離

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る