京都の観光スポット

てつがくのみち

哲学の道

  • 桜の名所
  • 紅葉の名所

「哲学の道」とは?

哲学者の「西田幾多郎」を始め、その弟子「田辺元」「三木清」らが思索にふけりながら歩んだことから、その名前で呼ばれるようになったといわれています。もっとも、この名前が正式な名称となったのは1972年と比較的最近です。

見どころ

車道より一段高くなった歩道の脇を琵琶湖疏水が流れ、春には満開の桜が、初夏には蛍、秋は紅葉、冬は雪景色が美しく、季節ごとの風情が楽しめる小道です。
熊野若王子神社あたりから銀閣寺まで続く全長1.5kmで、京都の散策コースの中でも、カップルが歩くには最高のスポットのひとつ。近くの寺や神社に立ち寄りながらの散歩をおすすめします。

【桜の本数】 約450本

所在地
京都市左京区銀閣寺町付近-若王子町付近の疏水沿い
交通アクセス

JR京都駅より市バス「銀閣寺前」下車、すぐ

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、哲学の道からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、哲学の道からの直線距離

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る