京都の観光スポット

らくししゃ

落柿舎

  • 紅葉の名所

俳句の聖地

国の重要伝統的建造物群保存地区・嵯峨鳥居本の入り口に位置し、茅葺屋根の閑雅でどこか懐かしい佇まいを慕って、今も昔も訪れる人が絶えません。
 
松尾芭蕉の弟子、元禄の俳人向井去来(むかいきょらい)が居住し、営んだ草庵で、松尾芭蕉も3度訪れ、とりわけ元禄4年の初夏には長く滞在し、落柿舎を拠点として嵯峨嵐山の名所名刹を巡り、その記録を名作『嵯峨日記』として遺されています。以来多くの俳人が訪れ、庭には彼らの句碑が残っており、落柿舎は「俳諧道場」として世に聞こえ、今も風雅を愛する多くの方々に親しまれています。

落柿舎の名の由来

去来の『落柿舎記(らくししゃのき)』には、庭に柿の木が40本あり、その柿を売る約束をした後に、その柿の実が台風で一夜のうちに殆ど落ち尽くしてしまいました。それが落柿舎の名の由来です。
茅葺きの草庵の玄関には、主の在宅を告げる蓑と笠がかけられ、そのたたずまいが、嵯峨野ののどかな風景にとけ込んでいます。

所在地
〒616-8391 京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
TEL
075-881-1953
正式名
落柿舎
料金

200円

時間

9:00~17:00
(1月、2月は10:00~16:00)

交通アクセス

JR「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩15分
阪急電車「嵐山駅」下車、徒歩約30分
市バス・京都バス「嵯峨小学校前」下車、徒歩約10分

公式ウェブサイト
http://www.rakushisha.jp/
備考

休日:12/31、1/1

近郊の観光スポット

※ [  ] 内は、落柿舎からの直線距離

近郊の宿

※ [  ] 内は、落柿舎からの直線距離

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや

ページのトップに戻る