何必館・京都現代美術館 かひつかんきょうとげんだいびじゅつかん

京都祇園の花街の中心に佇む私立美術館

「何必館」の名称は「何ぞ必ずしも」と定説を常に疑う自由な精神を持ち続けたい、という意味合いで名づけられたもので、作品も多くがその考えに基づいて収集されています。
日本画家の村上華岳、洋画家の山口薫、陶芸をはじめ美術工芸のあらゆる分野で活躍した作家の北大路魯山人の作品を中心に、国内外から近現代の絵画、工芸、写真など幅広い幅広いジャンルの作品が所蔵されています。

最上階の「光庭」

建物は館長である梶川芳友氏が自ら設計したもので、外観は玄静石製のすっきりとしたモダンなビルになっていますが、展示空間は床の間を基調としたり障子越しにとりいれた自然光で鑑賞するスタイルをとったりと各所に工夫が凝らされています。
最上階の5階では、山紅葉の美しい光庭と茶室があり、都会の喧騒の中で、上空から差し込む光と季節とともに移ろいゆく山紅葉を前に、ゆっくりとした静寂なひと時を過ごすことができます。

所在地
〒605-0073
京都市東山区祇園町北側271
TEL
075-525-1311
FAX
075-525-0611
料金
一般1,000円、学生800円
時間
10時〜18時(入館は17時30分まで)
交通アクセス
京都市バス 「祇園」下車、徒歩2分
京阪電鉄「祇園四条」駅下車、徒歩3分
阪急電車「河原町」駅下車、徒歩6分
京都市バス「祇園」下車、徒歩2分
公式Webサイト
http://www.kahitsukan.or.jp/
備考
休館日:月曜・年末年始・展覧会準備期間
併設施設:茶室 / レストラン・ミュージアムショップ

※当サイトに掲載の内容はすべて掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は念の為事前にご確認ください。

京都貴船 川床料理 べにや