本阿弥光悦ゆかりの地、鷹峯界隈をめぐる

徒歩

本阿弥光悦ゆかりの地、鷹峯界隈をめぐる

日本にとどまらず、世界の芸術に大きな影響を与えたといわれる琳派。その祖とも言われる本阿弥光悦のゆかりの地、鷹峯を巡ります。
鷹峯は元和元年(1615年)に徳川家康よりこの地を与えられた本阿弥光悦が移り住んだ所です。光悦はここに草庵を建て本阿弥一族や芸術仲間、弟子、職人衆と共にこの地に移り住み、一時は55軒もの屋敷が並ぶ芸術村を作ったと言われています。

  1. 常照寺

    日蓮宗の熱心な信者であった光悦が土地を寄進し、寂照院日乾上人を招き開かれたの常照寺です。吉野門と言われる朱塗りの山門があり、これは吉野太夫が帰依し寄進したものと言われています。吉野太夫の墓や太夫ゆかりの茶室遺芳庵があり、毎月第一日曜に、遺芳庵(吉野席)で吉野茶会、月釜が催されます。また、毎年4月の第二日曜日に太夫を偲び、植えられた桜が満開の頃「花供養」が行われます。

    常照寺

    徒歩 【約5分】

  2. 源光庵

    源光庵の天井は京都・伏見桃山城の遺構です。徳川家康の忠臣であった鳥居彦右衛門元忠ら1800人が石田三成の軍勢と交戦したおり、自刃した380人の血が床に残りました。
    この戦いで亡くなった鳥居彦右衛門元忠らの冥福を祈るため、血の跡が残った天井の床板が5つの寺院に分けられ、その一部が源光庵に奉納。床板を天井にあげ、魂の供養が行われたそうです。
    また、お寺の中にある丸い窓は「悟りの窓」四角い窓は「迷いの窓」と呼ばれており、いずれも仏教の真理を表しています。

    源光庵

    徒歩 【約5分】

  3. 光悦寺

    1615年(元和1)本阿弥光悦が、徳川家康より鷹峯の地を与えられ、一族や工匠等と供に移り住み芸術村を築きました。光悦は、刀剣鑑定のほかにも、多くの才能に優れており、芸術指導者としても活躍しました。現在の光悦寺は、本阿弥家の先祖供養が行われていた位牌堂(位牌所)があった場所といわれています。

    光悦寺

    徒歩 【約15分】

  4. しょうざん庭園

    3万5千坪の広大な敷地に広がる日本庭園です。北庭園には紙屋川が流れ、迎賓館をはじめ日本の粋を集めた茶室や屋敷が点在しています。

    しょうざん庭園
このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る