京都のお盆~京の七夕・大文字 五山送り火~

特集 魔界スポットめぐり 六道珍皇寺へ

お盆のことは、盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。日本各地でお盆の過ごし方も色々ありますが、京都のお盆では、8月13日に迎え鐘をついておしょうらい(精霊)さんをお迎えする、六道まいりなどで始まり、16日の夜、大文字五山送り火とともにお送りします。8月23・24日は子供たちを愛でる町内の「地蔵盆」や六地蔵めぐり、化野念仏寺千灯供養などの地蔵盆行事が行われます。万灯会や灯籠流し、日本最古の盆踊りや重要無形民俗文化財に指定されている六斎念仏踊りなどの行事が各所で行われます。
京都の町は、夜には献灯や提灯(ちょうちん)の明かりがともり幻想的に彩どられます。昔から受け継がれてきた古き良きものが多くあり、また近年新しく始まったものもあります。
この特集では、新旧入り混じった京都のお盆を紹介させて頂きます。

京都のお盆 イベントマップ
  • 京の七夕(堀川会場)
  • 京の七夕(鴨川会場)
  • 六道まいり
  • 五条坂 陶器まつり
  • 万燈会
  • 東大谷万灯会
  • 花背松上げ
  • 嵐山灯籠流し
  • 千灯供養

京都の夏の風物詩 荘厳な夏の夜を演出する 大文字五山の送り火
8月16日

五山の送り火とは、お盆にお迎えしたご先祖様の霊を再び浄土にお送りする、精霊送りのかがり火を五つの山で焚く行事です。
街の灯りも消え、東から西へ「大文字」→「妙法」→「船」→「左大文字」→「鳥居」の順に次々点火されてゆく送り火は、約1時間静かに燃え続け、その間、京都市内は幻想的な雰囲気に包まれます。

大文字(東山 如意ヶ嶽)

大文字(東山 如意ヶ嶽)

先祖の霊や生存する人の無病息災等が記された護摩木が送り火の点火資材として16日山頂へ運ばれます。当日から山上の弘法大師堂でお灯明がともされ、般若心経が唱えられ、その後お灯明を親火に移し、合図により一斉に送り火が点火されます。

点火予定時刻:
20:00
よく見えるところ:
賀茂川(鴨川)堤防
護摩木の受付:
銀閣寺門前 護摩木300円 15日12:00~20:00、16日6:00~14:00
火床:
75
薪数:
600束
松葉:
100束
麦ワラ:
100束

松ヶ崎妙法(【妙】松ヶ崎西山 【法】東山)

松ヶ崎妙法

「妙」は日蓮上人の孫弟子日像上人、「法」は日良上人が書いたと伝えられています。「妙」の山では、点火の際に読経が行われます。また、16日の送り火終了後21時頃から約1時間、ふもとの涌泉寺で「題目踊り」「さし踊」が行われます。

点火予定時刻:
20:05
よく見えるところ:
【妙】北山通(ノートルダム女学院附近)
【法】高野川堤防(高野橋北)
護摩木の受付:
受付はありません。
火床:
【妙】103
【法】63
薪数:
332束
松葉:
166束

船形万燈籠(西賀茂船山)

船形万燈籠(西賀茂船山)

16日朝早くから割木が山上へ運ばれ点火の準備が行われ、山麓の西方寺で鳴らす鐘を合図に、山上の送り火が点火されます。送り火終了後、西方寺で、住職の読経ならびに、西方寺六斎念仏保存会員による六斎念仏が行われます。

点火予定時刻:
20:10
よく見えるところ:
北山通(北山大橋から北西)
護摩木の受付:
西方寺門前 護摩木 300円 3日~15日8:00~16:00、16日7:00~10:00
火床:
79
薪数:
400束
松葉:
130束

左大文字(大北山)

左大文字(大北山)

起源は、大文字、妙法、船形より後とされており、大の字に一画加えて「天」とした時代もありました。16日19時頃,法音寺の親火台で護摩木が焚かれ点火法要が行われます。その火で1基の新火松明、40本の手松明の順に点火、同時刻に街道筋の25ヵ所の門火が一斉にともされ、火は山上へ運ばれ山上の送り火が点火されます。

点火予定時刻:
20:15
よく見えるところ:
西大路通(西院~金閣寺)
護摩木の受付:
金閣寺門前 護摩木 300円 15日9:00~15:00、16日7:00~14:00
火床:
53
薪数:
400束

鳥居形松明(曼陀羅山)

鳥居形松明(曼陀羅山)

16日8時頃山麓から松明が山上へ運ばれ、16時頃から点火準備にとりかかります。松ヤニが入った松を使うため、他の山よりオレンジがかった色になります。また、他山のように木を組むのではなく松明をそのまま突き立てるため、親火床から松明を持って各火床に走ります。この様子を「火が走る」とも言われます。保存会は、寺の檀家の世襲ではなく、有志によって構成されています。

点火予定時刻:
20:20
よく見えるところ:
松尾橋・広沢の池など
護摩木の受付:
化野念仏寺駐車場 護摩木 300円 13~15日10:00~16:00、16日9:00~15:00
火床:
108
薪数:
108束

上へ戻る↑

京の七夕

京の七夕

京の新たな夏の風物詩として「ひとの想い・願い」を今年のテーマに、竹と光の演出などによる京都ならではの現代版七夕が開催されます。二条城のライトアップ・友禅流し・舞妓茶屋・夜店・コンサートなど色々な催し物もあります。

絵ハガキ短冊に願いを書いて、笹へ飾り付けてみませんか・・・。「京の七夕」では「願い」を8/16の五山の送り火や、清水寺でお焚き上げされ、天に届けます。
(短冊は各会場で限定販売されています。)

日程:
2016年8月6日~12日
場所:
堀川会場…今出川通~御池通/鴨川会場…御池大橋~四条大橋
イルミネーション点灯時間:
19:00~21:30

上へ戻る↑

六道まいり

六道まいり

精霊迎えの行事で、線香の煙が漂うなか、水塔婆を納め、先祖の霊を迎えるため冥土にも届くといわれる梵鐘の「迎え鐘」をつく大勢の参詣者で賑わいます。

日程:
8月7日~10日
場所:
六道珍皇寺

魔界スポットめぐり 六道珍皇寺はこちら!

上へ戻る↑

五条坂 陶器まつり

五条坂 陶器まつり

若宮八幡宮の例祭に因み、東大路~河原町の間の五条通両側に全国の陶器が並ぶ陶器市が開催されます。

日程:
8月7日~10日
場所:
五条坂

上へ戻る↑

お精霊迎え・送り

京都では旧盆のこの日に、ご先祖の精霊がゑんま様のお許しを得て各家庭にお皈りになります。
地域の人々を中心に多数お参りされ、水塔婆を流し迎え鐘をついて、その音にのって皈ってこられる「おしょらいさん」をお仏壇の扉を開いてお迎えします。
14日には、19時より千本六斎念仏も行われます。お迎えは15日まで、16日には再びお皈り頂く“お精霊送り”を致します。

日程:
8月7日~16日
場所:
千本ゑんま堂

上へ戻る↑

万燈会

万燈会

数多くの灯明を人形文字“大”のかたちに点火し、先祖の精霊を迎えます。
ここではお堂にある鐘ではなく、地下にある鐘をつくことが出来ます。

日程:
8月8日~10日
場所:
六波羅蜜寺

上へ戻る↑

精霊迎えと六道まいり

先祖の霊がお盆に冥土から戻る際に、六つの道に迷わないように迎え、16日に送ります。本尊釈迦如来坐像のご開帳があります。

日程:
8月8日~12日・16日
場所:
千本釈迦堂

上へ戻る↑

盂蘭盆万灯供養会

盂蘭盆万灯供養会

本堂前に約1200個の灯籠が点火され、先祖の供養が行われます。9日・16日には国の重要無形民俗文化財に指定されている、六斎念仏の奉納が行われます。
20時より、本堂前の仮設舞台で奉納。

日程:
8月9日・16日
場所:
壬生寺

上へ戻る↑

東大谷万灯会

東大谷万灯会

大谷祖廟境内と隣接する東大谷墓地全域で、約1万個の提灯に明かりがともされる様子は荘厳で、お参りする人々のご先祖を思い、感謝する心を感じさせます。

日程:
8月14日~16日
場所:
大谷祖廟

上へ戻る↑

車折神社 万灯祭

万灯祭(まんとうさい)は全国の参拝者・崇敬者が奉納された三面からなる紙灯篭に点灯し、奉納された皆様の様々な願い事の成就を祈念する神事です。どなた様でもご自由に無料でご見学頂けます。
またお申し込みいただければどなたでも灯篭のご奉納いただけます(1面500円)。是非願いことを書いてご奉納されてはいかがでしょうか?

日程:
8月14日~16日
場所:
車折神社

上へ戻る↑

夕涼みと灯りの路

約120基の趣のある行灯が東山の坂道を彩ります。

日程:
8月14日~16日
場所:
一念坂・二寧坂

上へ戻る↑

花背松上げ

花背松上げ

古くから伝わる雄大な火の行事です。1000本の地松に点火されます。
トロギの先端に松明が投げられ、無病息災、五穀豊穣を祈願します。
→花背松上げのレポート「奉納の火、天高く」

日程:
8月15日
場所:
花脊八桝町

上へ戻る↑

松ヶ崎題目踊

大文字五山送り火「妙」「法」の送り火の山のふもとで行われ、日本最古の盆踊りといわれています。「南無妙法蓮華経」のお題目が男女の掛け合いでくり返 し唱えられるなか、踊り手たちは輪になり、太鼓の音に合わせ、扇を返しながら、からだを屈伸し踊ります。

日程:
8月15日~16日
場所:
涌泉寺

上へ戻る↑

嵐山灯籠流し

嵐山灯籠流し

渡月橋の東詰より桂川に精霊送りの灯籠が流されます。五山の送り火の「左大文字」「鳥居形」とともに流れゆく灯籠を眺めることができ、素敵なお盆の夜の風景が楽しめます。

日程:
8月16日
場所:
嵐山渡月橋付近

上へ戻る↑

送り鐘

送り鐘

お盆に京都では、ご先祖様が家族のもとへ間違われずに帰って来られるように「迎え鐘」を行いお迎えします。この迎え鐘に対し、ご先祖様が無事冥土に戻れるように「五山の送り火」が行われ、矢田地蔵尊では8月16日に鐘をついて魂をお送りする「送り鐘」を行ないます。

日程:
8月16日
場所:
矢田地蔵尊

上へ戻る↑

千灯供養

千灯供養

境内8000余体の石塔、石仏に灯明を捧げる地蔵盆行事。
参拝者により点火された灯明は無縁仏供養で、京都の夏の風物詩となっています。

日程:
8月23日~24日
場所:
仏野念仏寺

上へ戻る↑

京都の地蔵盆

地蔵盆

京都では、8月22・23日を「地蔵盆」と言います。
地蔵盆独特の赤い提灯が飾られ、町中の各町内で趣向をこらし、地蔵尊の前で色々な行事を行います。
子供主体のお祭りで、お菓子をもらったり、福引をしたり、数珠まわしなど数多くの催し物があります。
しかし、最近は22・23日に近い土・日に行われる事が多く、少子化の影響もありずいぶん昔の地蔵盆とは変り、簡素化され少しさびしくもなりました。
でも町中の各町内を歩いてみて下さい。
ここかしこと地蔵盆の提灯とお地蔵様がまつられています。

上へ戻る↑

六斎念仏踊り 一般公開

六斎念仏の派生芸能です。京都近郊に独自の形態として伝わっており、重要無形民俗文化財に指定されています。京都各地でお盆の前後に一般公開されます。

8/9  20:00
壬生寺(壬生六斎念仏講中)
8/1115:00
清水寺(上鳥羽橋上鉦講中)
8/1115:30
清水寺(京都中堂寺六斎会)
8/1620:30
壬生寺(京都中堂寺六斎会)
8/1621:00
西方寺(西方寺六斎念仏保存会)
8/1820:30
上御霊神社(小山郷六斎保存会)
8/2020:00
干菜山光福寺(小山郷六斎保存会)
8/2219:30
浄禅寺(上鳥羽橋上鉦講中)
8/2220:00
上善寺(小山郷六斎保存会)
8/2320:00
阿弥陀寺(嵯峨)(嵯峨野六斎念仏保存会)
8/2520:00
吉祥院天満宮(吉祥院六斎保存会)
8/2819:00
梅宮大社(梅津六斎保存会)
8/3119:00
厳王堂光福寺(久世六斎保存会)

上へ戻る↑

その他の行事もチェックする→

お焼香について
本来、お焼香というものは、仏前の香炉に香を薫じ、礼拝供養するのが本当の意味であります。
お焼香には、一回・二回・三回するのが有ります。一回するのは、一心不乱に、霊を念じ香を薫じる。
二回は、戒香悩(心身を清める)・定番(心身が清浄となる)三回するのは、三毒の煩悩(むさぼり・いかり・おろかさ)を焼きすてる事などの意味です。精霊への供養の場合は、一回が本儀に思われます。
次に作法(動作)の事ですが、お焼香するには、まづ右手の親指と人差指で香をつまみ、そのままこれを仰向けて左のたなごころで受け、うやうやしく頂き、おもむろに薫じます。
心をこめてお焼香して下さい。
このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る