京のお正月,京都のお正月,京都の除夜の鐘,京都の初詣・松の内

京の師走の風物詩

今年も、京都では11月25日に南座の「まねき」があがり、12月13日は「正月事始め」。いよいよ年の瀬です。紅葉の彩りや寺社の特別拝観。クリスマスイベントや北山植物園平安女学院嵐山花灯路などのイルミネーション、ライトアップで京都は華やかな煌めきに彩られます。一年を通じ、最も賑わう終い弘法終天神も催されます。

年賀状やお歳暮はなるべく早く済ませて、お正月の準備は12月13日の「正月事始め」から始めます。年神様に毎年来ていただいて一年を守っていただけるように、一年を感謝しながら煤払いで清め、正月飾りやおせち、白味噌のお雑煮などでお正月の準備をして、二重苦の29日や、一日飾りの大晦日はさけ、28日までか30日に準備は済ませます。昔からハレの日のお正月の食材やおせち料理、白味噌のお雑煮の材料、京漬物などは、鰹節・昆布・数の子などの乾物、手間のかかる栗きんとんや黒豆から京料理の旬の材料まですべてが揃う錦市場に出かけます。また黒豆の北尾さんの黒豆と利久栗、テレビでも紹介されたぜんざいなどもおすすめです。北尾さんの商品はオンライショップで⇒こちらからもご購入いただけます。

黒豆の北尾・黒豆、利休栗、おせち、ぜんざい

年神様は「おせち料理」でおもてなしします。門松は中国から平安時代に伝わり、年神様を待つ松と竹を使いますが、京都のお正月飾りは昔から松飾りが多く、門口にはここから先に不浄なものは入れないという結界の「注連縄(しめなわ)」をはり、根が付きますようにと二・三年目の根を残した若松の中ほどに半紙で向かって右が上になるようにしっかり巻き、水引で真結びの帯締めと同じ結び方にし、右に男松と左に女松の一対の根引きの松を玄関の両柱に飾り設えます。また、祇園などに多いのははんなり(華なり)した餅花と言われる正月飾り、縁起ものとされる柳の枝に紅白のお餅を小さく丸めて飾ります。お鏡さん(鏡餅)は外はにこにこ中むつまじくと串に刺した古老柿を置き、床の間や仏壇、台所などに飾ります

年越しから大晦日の夜(除夜)には、家族揃って近所の蕎麦屋さんで年越し蕎麦を食べるか、松葉のにしん蕎麦などを細くながくといただき、11時過ぎには二年詣りに出かけます。12時前には耳をすますと除夜の鐘があちこちから聴こえてきます。

知恩院からぞろぞろと円山公園をぬけて八坂神社でお参りし「をけら詣り」吉兆縄に「をけら火」を授かり、火縄を消さないようにくるくる回しながら(このごろは人出が多く回せませんが)家に持ち帰り元旦のお雑煮を炊くと、無病息災のご利益があるとされる行事で、北野天満宮でも「天満宮のおけら詣」が行われています。終夜大賑わいですが、知り合いの方に出会うと「おめでとうさんどす」などの挨拶も交わされ、京都の年末年始の風物詩になっています。

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
ローレルコート京都北野
プラウド京都御所東
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る