京の花暦

2017年7月8日(土)~30日(日) 観蓮会 法金剛院

花かるた

京都の花を愛でる おすすめのレポート

KYOTOdesign花暦見ごろ表

  • アジサイ
  • アヤメ
  • カキツバタ
  • キキョウ
  • サツキ
  • サラソウジュ
  • スイレン
  • ハナショウブ
  • ハンゲショウ

6月の花

紫陽花(アジサイ)

photo by Chiaki

紫陽花(アジサイ)

6月初旬~7月中旬

6月ごろから開花する日本原産の花です。漢字表記の「紫陽花」は白居易が別の花につけた名前とも言われています。アジサイの見どころは大きく発達した花弁で、梅雨の雫が滴る様は初夏の風情を感じます。6月の6のつく日に、アジサイを逆さに吊るすと厄除けになるとも言われています。(文・中原流花)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

菖蒲(アヤメ)

photo by dkobayashi

菖蒲(アヤメ)

5月下旬~6月中旬

ハナショウブや カキツバタとよく似ていますが、湿地ではなく乾いたところに咲きます。花は赤紫色で、「文目(あやめ)模様」と呼ばれるように、花びらの根元に黄色がかった模様があるのも特徴です。葉は香気が強く、昔から邪気を払うものとされ、五月五日の節句に、軒や車にさしたり、身に着けたりしたそうです。(文・よしかわまり)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

杜若(カキツバタ)

photo by marua39

杜若(カキツバタ)

5月初旬~6月初旬

鮮やかな青紫色は、昔は布を染めるのに使われたそうです。「書き付け花」が転じて、「かきつばた」とよばれるように。また、襲(かさね)の色目の呼び名でもあります。表は二藍(ふたあい)、裏は萌葱(もえぎ)の組み合わせは、いかにもカキツバタらしさが感じられます。『伊勢物語』の在原業平が詠んだ「からころも」の歌は有名ですが、『万葉集』にも大伴家持の カキツバタにちなんだ歌があります。「かきつばた 衣に摺り付け 大夫(ますらを)の 着襲(きそ)ひ猟(かり)する 月は来にけり」男性陣がカキツバタ色に染めた衣を来て、薬猟をする姿は、きっと美しかったことでしょう。(文・よしかわまり)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

桔梗(キキョウ)

photo by Chiaki

桔梗(キキョウ)

6月初旬~10月下旬

五角形の愛らしい星型の花びらは、戦国武将明智光秀の紋としてよく知られています。また、安倍晴明が用いた五芒星が桔梗印と呼ばれていたことで、いまの晴明神社では神紋となっているそうです。実は自生株は絶滅が危惧されていますが、東福寺の天得院では、毎年6月から7月にかけ、桔梗が咲き乱れるお庭が見られます。秋の七草でもある桔梗を、静かなお庭でゆっくり拝見できるのは心落ち着きます。(文・よしかわまり)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

皐月(サツキ)

photo by 山田 義博

皐月(サツキ)

5月初旬~6月下旬

別名サツキツツジ。ツツジの仲間ですが、開花時期は一か月ほど遅れて5月から6月です。旧暦の「皐月」にあたるのでサツキツツジとも呼ばれます。花言葉は「節制」。よく知られる華やかな色形とは少し違ったイメージですが、これは本来、厳しい山肌を好んで自生するからだとか。市内でよく目にするものは園芸品で、「サ ツキ」とひとつとっても品種はさまざまだそうです。盆栽などで興味を持たれることも多く、京都のサツキめぐりも一興です。(文・よしかわまり)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

沙羅双樹(サラソウジュ)

photo by Chiaki

沙羅双樹(サラソウジュ)

6月初旬~7月初旬

『平家物語』の「盛者必衰」の象徴の一つとして、一度は耳にしたことがあるサラソウジュ。この木は場合によっては30mほどにもなるほどどで、とても大きく、葉が茂った中に小さな白い花々が存在感を放ちます。仏教の教えを伝えるものとして、寺院でよく見られます。建仁寺塔頭の霊源院では、特別拝観期間において、色とりどりの甘茶の花が咲くのと同時に、このサラソウジュも愛でることができます。(文・よしかわまり)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

睡蓮(スイレン)

photo by Chiaki

睡蓮(スイレン)

5月中旬~7月下旬

スイレンは水生植物で、日本では白いヒツジグサのみが自生しています。睡蓮という漢名は、このヒツジグサのことを指しています。これを改良したものをヒメスイセンといい、寒さにも強いので観賞用として育てるのも難しくはありません。花言葉は「純粋」と「潔白」で、上品な様子にぴったりです。(文・中原流花)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

花菖蒲(ハナショウブ)

photo by Akira

花菖蒲(ハナショウブ)

5月下旬~6月下旬

赤紫の細い花びらに黄色のすじが入っているものがよく知られていますが、花の色や模様はさまざまにあります。江戸時代に栽培が全国的に広まり、いまでも多くのハナショウブの名所は数々。京都では平安神宮、梅宮大社、法金剛院などで見られます。(文・よしかわまり)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

半夏生(ハンゲショウ)

photo by hiro

半夏生(ハンゲショウ)

6月初旬~7月初旬

「半化粧」とも書くように、葉が緑と白にちょうど半分くらい色分けされている6月から7月が見ごろの花です。なんといっても建仁寺塔頭両足院の庭園がおすすめ。特別拝観中は、緩急あるお庭を歩きつつ、緑と白のコントラストを間近で楽しめます。茶室で抹茶と菓子をいただきながら、鳥が池で羽を休めたり、トンボが飛び交うゆったりした時間を過ごせます。またこの植物にちなんだ「半夏生」は、雑節のひとつ。夏至から数えてちょうど10日ほど後で、梅雨の末期にあたります。農作業の上で重要なこの日までに、必ず田植えを終えておくことが言い伝えられています。(文・よしかわまり)

主な名所

KYOTOdesignおすすめ!一緒に回っておきたいこのコース!

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る