投稿数 149

三千院のお地蔵さんたち

閲覧数 369  投稿日 2017/06/11

京都大原三千院には、たくさんのお地蔵さんたちがいます。わらべ地蔵の庭だけでなく、寺域内のいろいろなところにおられます。そんな、お地蔵さんたちを、少し紹介。,往生極楽院前の苔に覆われたところに、わらべ地蔵の庭があります。彫刻家、杉村孝氏...

投稿者:
marua39のアバター marua39

建仁寺両足院 半夏生と茶室「臨池亭」

閲覧数 849  投稿日 2017/06/11

半夏生の花が咲くころ、周りの葉が白く変わっていきます。 白い大きな花が咲いているんだと思って近づいていくと、実は花は中心の白い尾の部分だけで、大きな葉が白く光っていた、というのが半夏生との最初の出会いでした。 それから3年。毎年ここ両...

投稿者:
よしかわまりのアバター よしかわまり

まさに和洋折衷!

閲覧数 791  投稿日 2017/06/06

地下鉄蹴上駅から徒歩10分弱でしょうか。大通りから一本入ったところにこの庭園「無鄰菴(むりんあん)」はあります。向かいには超がつくほど有名な料亭、瓢亭があります。この瓢亭にもいつかは行ってみたいといつも思いながら、振り返るとそこが無鄰菴...

投稿者:
シエスタのアバター シエスタ

泉涌寺から東福寺へ ~近道発掘の街歩き~

閲覧数 706  投稿日 2017/05/31

京阪「東福寺」駅下車。駅名のとおり「東福寺」へ向かう人ごみと別れて、あえて泉涌寺方面へ。 住宅街からこの門を通り、さらに坂道を上がって行きます。 暑い日差しも、鬱蒼と続く木立が和らげてくれます。,あえて泉涌寺を先に目指したのは、頭痛封じ...

投稿者:
よしかわまりのアバター よしかわまり

雲龍院

閲覧数 411  投稿日 2017/05/30

東山の泉涌寺内にある『雲龍院』です。 お庭を楽しむならココがオススメです。 部屋ごとにお庭を楽しむことが出来ます。 「蓮華の間」の障子に4つの窓が空いていて、 正面から見るのではなく部屋に置かれた座布団から見ると… 4つの窓からそれぞれ...

投稿者:
neontetra91のアバター neontetra91

緋毛氈のあるお庭

閲覧数 845  投稿日 2017/05/20

京都の庭園は、一つひとつ歴史や趣があり、それぞれに見どころがある。四季折々の美しさに驚かされることもある。ここでは、緋毛氈のあるお庭のいくつかをみてみたい。,京都の代表的な額縁庭園。あまりにも知られてしまったため、一年中、拝観の人が絶...

投稿者:
marua39のアバター marua39

緑の京都

閲覧数 3368  投稿日 2017/05/12

いろいろな緑色に包み込まれる新緑の京都。紅葉や桜の時期に比べると、ほんの少し訪れる人が減るこの季節。木々の新緑や苔、竹林などの緑に包まれる京都も、すばらしい景色を見せてくれます。,春と秋に特別拝観される瑠璃光院は、近年とんでもないくら...

投稿者:
marua39のアバター marua39

ライトアップ京都 桜

閲覧数 10078  投稿日 2017/03/20

桜色に染まる京都は、あたたかさも増し1年の中でも特に華やかですばらしい。そして、年々観光客が増え続けている。それでも、昼間の大混雑に比べると、夜になると少しゆったりと見ることができる。ライトアップされるところは、限定的ではあるが、そ...

投稿者:
marua39のアバター marua39

京都で桜を愛でるなら(5)~祇園白川

閲覧数 2906  投稿日 2017/03/20

繩手通の東側、新橋通と白川に面する辺りが祇園白川と呼ばれる地域で、伝統的建物保存地区にも指定されているもっとも京都らしい風情を味わえる街です。 京都らしい雰囲気を体感したいなら、まずここを訪問しましょう。 ,4月上旬の桜のシーズンには白...

投稿者:
yasuu_kusayanのアバター yasuu_kusayan

京都で桜を愛でるなら(4)~哲学の道

閲覧数 1986  投稿日 2017/03/19

南禅寺を抜けて、鹿ヶ谷通りを北へ進むと、「哲学の道」と彫られた石碑があります。 右手に曲がって、しばらく進むと哲学の道の南側のスタート地点。 ここから琵琶湖疎水沿いの約2キロメートルが「哲学の道」です。 シーズンには500本の満開の桜が沿道...

投稿者:
yasuu_kusayanのアバター yasuu_kusayan

1~10件目(149件中)

このページをはてなブックマークに追加

※このページの内容は掲載時点での情報です。変更となる可能性がありますので、お出掛けの際は事前にご確認ください。

ボランティアスタッフ募集中
京都貴船 川床料理 べにや
プラウド京都白川通

ページのトップに戻る